[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ケンブリッジ飛鳥の記事一覧

  • なぜ、山縣はケンブリッジ、桐生に勝てたのか 「+6センチ」の数字が示す強さ

    2018.06.24

    陸上のアジア大会代表最終選考会兼日本選手権(山口・維新みらいふスタジアム)は23日、男子100メートル決勝が行われ、山縣亮太(セイコー)が大会タイ記録の10秒05で5年ぶりの優勝を飾った。2着は10秒14でケンブリッジ飛鳥(ナイキ)。日本人初の9秒台を記録した桐生祥秀(日本生命)は10秒16で3着に終わった。実力者揃いの最速決戦で明暗を分けたものは何だったのか。専門家に予選、準決勝、決勝の3レースのデータをもとに分析してもらった。

  • “4強”が100m決勝へ 桐生10秒16「自分に集中」、山縣10秒19「いいレースを」

    2018.06.22

    陸上のアジア大会代表最終選考会兼日本選手権(山口・維新みらいふスタジアム)は22日、男子100メートル準決勝が行われ、桐生祥秀(日本生命)が10秒16、山縣亮太が10秒19、ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)が10秒24、多田修平(関学大)が10秒31で“4強”が揃って23日の決勝に進出した。

  • ケンブリッジ「素晴らしく感動」 宇野昌磨らと夏&冬の一流アスリート“競演”

    2017.08.30

    陸上の世界選手権(ロンドン)400メートルリレーで銅メダルを獲得したケンブリッジ飛鳥(ナイキ)がインスタグラムを更新し、フィギュアスケートのアイスショー「フレンズ・オン・アイス」を観賞したことを報告。荒川静香さん、高橋大輔さん、宇野昌磨(中京大)らとの写真を掲載している。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー