[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ケビン・アンダーソンの記事一覧

  • 6時間36分戦で「神の左」誕生 咄嗟の“超絶リターン”に騒然「これ以上見た事ない」

    2018.07.14

    テニスの4大大会第3戦ウィンブルドンは15日、男子シングルス準決勝でケビン・アンダーソン(南アフリカ)がジョン・イスナー(米国)を7-6、6-7、6-7、6-4、26-24で下し、初の決勝進出。グランドスラム史上2位の長さとなる試合時間6時間36分だった。決着直前の第49ゲームには足がもつれて転倒しながら咄嗟に左手でリターンし、ポイントにつなげるスーパープレーが炸裂。大会公式が「これ以上のリカバリー見たことある?」と動画付きで公開し、「見たことないよ」と海外ファンを騒然とさせている。

  • 「6時間36分」後に生まれたドラマ 敗戦選手の“神対応”に感動「紛うことなき一流」

    2018.07.14

    テニスの4大大会第3戦ウィンブルドンは15日、男子シングルス準決勝でケビン・アンダーソン(南アフリカ)がジョン・イスナー(米国)を7-6、6-7、6-7、6-4、26-24で下し、初の決勝進出。実に99ゲームで決着した試合時間はグランドスラム史上2位の長さとなる6時間36分だったにも関わらず、勝ったアンダーソンとともに敗れたイスナーが試合後にコート上でファンサービスを実施。“神対応”の様子を大会公式が公開し、海外ファンから「紛うことなき一流」「なんたる紳士」と感動を呼んでいる。

  • 全英OP、6時間36分の死闘後の“美しき抱擁”の1枚に海外絶句「言葉なんて要らない…」

    2018.07.14

    テニスの4大大会第3戦ウィンブルドンは15日、男子シングルス準決勝でケビン・アンダーソン(南アフリカ)がジョン・イスナー(米国)を7-6、6-7、6-7、6-4、26-24で下した。グランドスラム史上2位の長さとなる歴史的ロングゲームの直後、2人は健闘を称え合い美しき抱擁。その瞬間を捉えた画像をATPツアーが公開し、海外ファンに「美しい瞬間」「壮大だ」「言葉は要らない」と感動を呼んでいる。

  • あの時、2人は若かった ナダル、“奇跡の再現写真”に世界が感動「壮大な友情だ」

    2017.09.11

    テニスの全米オープンは10日(日本時間11日)、男子シングルス決勝でラファエル・ナダル(スペイン)がケビン・アンダーソン(南アフリカ)を6-3、6-3、6-4のストレートで下し、4年ぶり3度目の優勝となった。ともに86年生まれの31歳で、98年のジュニア時代に対面。20年越しの盟友関係の2人を、大会公式ツイッターは当時の2ショットと今大会表彰式の比較動画を掲載。ファンから「人生は美しい」「小さな世界と壮大な友情だ」と感激の声が広がっている。

  • ナダルは「僕のアイドル」 完敗の盟友が一流の賛辞「君を生涯ずっと見続けている」

    2017.09.11

    テニスの全米オープンは10日(日本時間11日)、男子シングルス決勝でラファエル・ナダル(スペイン)がケビン・アンダーソン(南アフリカ)を6-3、6-3、6-4のストレートで下し、4年ぶり3度目の優勝。四大大会16度目の制覇となった。敗れたアンダーソンは「実は、君は僕のアイドルなんだ。本当におめでとう」と最大限の祝福を送っている。英紙「メトロ」が報じた。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー