[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

カミラ・ワリエワの記事一覧

  • 世界ジュニアVのワリエワ、トゥトベリーゼ氏らと集合写真に反響「過去最高のチーム」

    2020.03.08

    フィギュアスケートの世界ジュニア選手権は7日(日本時間8日)、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位のジュニアグランプリ(GP)ファイナル覇者、13歳のカミラ・ワリエワ(ロシア)が152.38点、合計227.30点で圧勝。コーチのエテリ・トゥトベリーゼ氏がインスタグラムに教え子らとの集合写真を公開すると、ファンから「今までで最高のチーム」と反響の声が相次いでいる。

  • 13歳ワリエワは「ロシアの若き天才」 世界ジュニア圧勝を海外メディア続々称賛

    2020.03.08

    フィギュアスケートの世界ジュニア選手権は7日(日本時間8日)、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位のジュニアグランプリ(GP)ファイナル覇者、13歳のカミラ・ワリエワ(ロシア)が152.38点、合計227.30点で圧勝。海外メディアも「ロシアの若き天才」「精巧なスピンとフットワーク」などと称賛している。

  • 13歳ワリエワ、圧巻のSP世界最高得点を海外絶賛 ISU公式「極上の演技を披露した」

    2020.03.07

    フィギュアスケートの世界ジュニア選手権は6日、女子ショートプログラムが行われ、ジュニアグランプリ(GP)ファイナル覇者の13歳カミラ・ワリエワ(ロシア)がジュニアのSP世界最高得点となる74.92点で圧巻の首位発進。国際スケート連盟(ISU)は最後の連続3回転ジャンプを動画付きで公開し、海外メディアも高く評価している。

  • 13歳ワリエワが“天才3人娘”との比較論に言及 「彼女たちと比べてはいけない」ワケ

    2020.02.09

    フィギュアスケートのロシアジュニア選手権は7日(日本時間8日)、女子フリーが行われ、12月のジュニアグランプリ(GP)ファイナルを制した13歳の超新星カミラ・ワリエワがショートプログラム(SP)に続き、フリー1位となる159.67点、合計238.17点というシニア顔負けの高得点で初優勝を飾った。試合後、母国の“天才3人娘”との比較論について語っている。ロシアメディアが伝えている。

  • 超新星13歳ワリエワ、238.17点の衝撃に露メディア絶賛「トルソワらも信じ難い点数」

    2020.02.09

    フィギュアスケートのロシアジュニア選手権は7日(日本時間8日)、女子フリーが行われ、12月のジュニアグランプリ(GP)ファイナルを制した13歳の超新星カミラ・ワリエワがショートプログラム(SP)に続き、フリー1位となる159.67点、合計238.17点というシニア顔負けの高得点で初優勝を飾った。母国のロシアメディアも「メドベージェワ、ザギトワ、トルソワを凌駕した」と絶賛している。

  • 13歳ワリエワ、衝撃の「238.17点」が凄かった 前年の“ロシア3人娘”まとめて超え

    2020.02.08

    フィギュアスケートのロシア・ジュニア選手権は7日(日本時間8日)、女子フリーが行われ、12月のジュニアグランプリ(GP)ファイナルを制した13歳の超新星カミラ・ワリエワがショートプログラム(SP)に続き、フリー1位となる159.67点、合計238.17点というシニア顔負けの高得点で初優勝を飾ったが、その能力はあの“ロシア3人娘”に迫る気配を漂わせている。

  • 超新星13歳ワリエワが衝撃 シニア真っ青の238.17点で初優勝…ロシアジュニア選手権

    2020.02.08

    フィギュアスケートのロシア・ジュニア選手権は7日(日本時間8日)、女子フリーが行われ、12月のジュニアグランプリ(GP)ファイナルを制した13歳の超新星カミラ・ワリエワがショートプログラム(SP)に続き、フリー1位となる159.67点、合計238.17点というシニア顔負けの高得点で初優勝を飾った。

  • 黒スーツ姿の羽生結弦と… 露の13歳超新星のバンケット2Sに反響「素晴らしい2人」

    2019.12.11

    フィギュアスケートのジュニアグランプリ(GP)ファイナルを制したカミラ・ワリエワ(ロシア)がインスタグラムを更新。バンケットでのスーツ姿の羽生結弦(ANA)との2ショットを投稿し、ファンの反響を呼んでいる。

  • 13歳超新星ワリエワに「北京五輪期待」の声 露メディア「伸びしろがとてつもない」

    2019.08.26

    フィギュアスケートのジュニアグランプリ(GP)シリーズ第1戦フランス大会を制した女子の13歳カミラ・ワリエワ(ロシア)。ジュニアGPデビュー戦ながら、ショートプログラム(SP)3位から合計200点超で逆転Vを飾り、フリーで披露した圧巻の4回転トウループは海外メディアが動画付きで公開して反響を呼んだ。一方、母国のロシアメディアは22年北京五輪に向け、早くも期待の声が上がっている。

  • 大国ロシアに新星出現 13歳ワリエワVを露メディア絶賛「ライバルに勝利の目残さず」

    2019.08.25

    フィギュアスケートのジュニアグランプリ(GP)シリーズ第1戦フランス大会は23日(日本時間24日)、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)3位の13歳カミラ・ワリエワ(ロシア)が4回転トウループを着氷させて138.40点、合計200.71点をマーク。逆転Vを飾り、ジュニアデビュー戦で鮮烈なインパクトを残した。海外メディアも動画付きで速報し、母国のロシアメディアは「ライバルたちに全く勝利のチャンスを残さなかった」と新星出現を絶賛している。

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集