[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

カミラ・ワリエワの記事一覧

  • 14歳ワリエワが3A成功 練習中“タノジャンプ”に海外識者が驚愕「これまでにいた?」

    2020.10.19

    フィギュアスケートの昨季世界ジュニア女王カミラ・ワリエワ(ロシア)が、タノジャンプでのトリプルアクセルを披露して話題となっている。練習中、14歳が見事に着氷した動画をロシアメディアが公開すると、海外の識者からも「オーマイガー」「これまでにいた?」などと驚きの声があがっている。

  • 14歳ワリエワが16歳トルソワにもう肉薄 ロシア杯準Vに識者絶賛「SPは芸術作品だ」

    2020.10.14

    フィギュアスケートのロシア杯第2戦がモスクワで開催され、11日の女子フリーで昨季の世界ジュニア女王カミラ・ワリエワは148.60点をマーク。合計233.70点として2位となった。シニアの16歳アレクサンドラ・トルソワ(ともにロシア)に逆転優勝を許したものの、ショートプログラム(SP)では首位に立つなど肉薄。ポテンシャルを見せつけた14歳について、母国の識者は「本物の芸術作品」「大きな将来性がある」などと語っている。

  • 14歳ワリエワ、懐疑的な目線一蹴 “飛び級”に露絶賛「天賦の才」「存在感失わない」

    2020.09.15

    フィギュアスケートのロシア勢が恒例の「テスト滑走会」を12、13日に行い、有力選手が今季のプログラムをお披露目した。ジュニアから“飛び級”で参加した14歳カミラ・ワリエワの滑りを現地メディアは称賛。「ロシア代表の認知されたリーダーたちに囲まれても存在感を失うことはなかった」などと評価している。

  • 世界ジュニアVのワリエワ、トゥトベリーゼ氏らと集合写真に反響「過去最高のチーム」

    2020.03.08

    フィギュアスケートの世界ジュニア選手権は7日(日本時間8日)、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位のジュニアグランプリ(GP)ファイナル覇者、13歳のカミラ・ワリエワ(ロシア)が152.38点、合計227.30点で圧勝。コーチのエテリ・トゥトベリーゼ氏がインスタグラムに教え子らとの集合写真を公開すると、ファンから「今までで最高のチーム」と反響の声が相次いでいる。

  • 13歳ワリエワは「ロシアの若き天才」 世界ジュニア圧勝を海外メディア続々称賛

    2020.03.08

    フィギュアスケートの世界ジュニア選手権は7日(日本時間8日)、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位のジュニアグランプリ(GP)ファイナル覇者、13歳のカミラ・ワリエワ(ロシア)が152.38点、合計227.30点で圧勝。海外メディアも「ロシアの若き天才」「精巧なスピンとフットワーク」などと称賛している。

  • 13歳ワリエワ、圧巻のSP世界最高得点を海外絶賛 ISU公式「極上の演技を披露した」

    2020.03.07

    フィギュアスケートの世界ジュニア選手権は6日、女子ショートプログラムが行われ、ジュニアグランプリ(GP)ファイナル覇者の13歳カミラ・ワリエワ(ロシア)がジュニアのSP世界最高得点となる74.92点で圧巻の首位発進。国際スケート連盟(ISU)は最後の連続3回転ジャンプを動画付きで公開し、海外メディアも高く評価している。

  • 13歳ワリエワが“天才3人娘”との比較論に言及 「彼女たちと比べてはいけない」ワケ

    2020.02.09

    フィギュアスケートのロシアジュニア選手権は7日(日本時間8日)、女子フリーが行われ、12月のジュニアグランプリ(GP)ファイナルを制した13歳の超新星カミラ・ワリエワがショートプログラム(SP)に続き、フリー1位となる159.67点、合計238.17点というシニア顔負けの高得点で初優勝を飾った。試合後、母国の“天才3人娘”との比較論について語っている。ロシアメディアが伝えている。

  • 超新星13歳ワリエワ、238.17点の衝撃に露メディア絶賛「トルソワらも信じ難い点数」

    2020.02.09

    フィギュアスケートのロシアジュニア選手権は7日(日本時間8日)、女子フリーが行われ、12月のジュニアグランプリ(GP)ファイナルを制した13歳の超新星カミラ・ワリエワがショートプログラム(SP)に続き、フリー1位となる159.67点、合計238.17点というシニア顔負けの高得点で初優勝を飾った。母国のロシアメディアも「メドベージェワ、ザギトワ、トルソワを凌駕した」と絶賛している。

  • 13歳ワリエワ、衝撃の「238.17点」が凄かった 前年の“ロシア3人娘”まとめて超え

    2020.02.08

    フィギュアスケートのロシア・ジュニア選手権は7日(日本時間8日)、女子フリーが行われ、12月のジュニアグランプリ(GP)ファイナルを制した13歳の超新星カミラ・ワリエワがショートプログラム(SP)に続き、フリー1位となる159.67点、合計238.17点というシニア顔負けの高得点で初優勝を飾ったが、その能力はあの“ロシア3人娘”に迫る気配を漂わせている。

  • 超新星13歳ワリエワが衝撃 シニア真っ青の238.17点で初優勝…ロシアジュニア選手権

    2020.02.08

    フィギュアスケートのロシア・ジュニア選手権は7日(日本時間8日)、女子フリーが行われ、12月のジュニアグランプリ(GP)ファイナルを制した13歳の超新星カミラ・ワリエワがショートプログラム(SP)に続き、フリー1位となる159.67点、合計238.17点というシニア顔負けの高得点で初優勝を飾った。

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集