[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

エフゲニア・メドベージェワの記事一覧

  • メドベージェワと“熱烈ハグ” 樋口新葉が「私のもの」抱擁で魅了「友情の終着点」

    2017.11.06

    フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズの第3戦・中国杯で2位に入った樋口新葉(日本橋女学館高)がインスタグラムを更新。世界女王エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)との“熱いハグ”を交わした2ショット写真を公開し、互いに「私のもの」とコメントし合い、ファンに「友情の終着点だ」などと魅了している。

  • 羽生結弦とリンク上で… あの日の“美しき三つ巴”写真が話題「なんと可愛らしい」

    2017.10.30

    10月に入り、フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズが開幕。本格的にシーズン到来を迎えた。銀盤を華やかに彩っているが、スケーターがリンクの上で撮影し、話題を集めていた1枚の写真があった。開幕戦のロシア大会。ミーシャ・ジー(ウズベキスタン)が羽生結弦(ANA)、エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)と3ショットを撮影。その様子を目撃していた世界のファンの間で脚光を浴びていたが、ジーが自身のインスタグラムで「三つ巴事件」と題し、実際に公開している。

  • メドベージェワが可愛すぎる“どっきり登場” ロッカールーム潜入で反響

    2017.10.23

    フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ・ロシア大会は22日に行われたエキシビションで幕を閉じた。GP初戦から男子シングルの世界王者・羽生結弦(ANA)が出場するなど、大きな注目を集めたが、国際スケート連盟(ISU)は公式インスタグラムで“舞台裏”を公開。女子シングルで優勝した世界女王エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)が“どっきり登場”するおちゃめな動画を掲載し、反響を呼んでいる。

  • メドベージェワ陣営、ロシアの五輪参加禁止問題に反発「本当にアンフェア」

    2017.10.22

    ロシアは国家ぐるみのドーピング問題で選手団の五輪参加禁止の可能性が取りざたされている。そんな中、金メダル最有力のメドベージェワ陣営は「本当にアンフェア。4年を奪い去るなんて、それは人生を奪うのと同じ」と反発の声を上げているという。カナダメディアが報じている。

  • メドベージェワが異次元V 勝ったのに“珍事”転倒に脚光「だが、危険もなかった」

    2017.10.22

    フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ初戦ロシア大会は21日、女子フリーでショートプログラム(SP)1位の世界女王、エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)がジャンプで転倒があったが、合計231.21点で優勝。めったにない珍しいミスがありながら、2位に15点差以上をつける圧勝に対し、海外メディアは「珍しく転倒したが、リードを失う危険もなかった」と“珍事”に脚光を当てている。

  • メドベージェワ、強すぎる 圧巻の80点超え首位に海外絶賛「信じられない美しさ」

    2017.10.21

    フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦ロシア大会は20日、女子ショートプログラム(SP)で世界女王のエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)が80.75点をマーク。圧巻の80点超えで首位に立った。日本の樋口新葉(日本橋女学館高)は69.60点で3位、坂本花織(シスメックス)は68.88点で4位。世界選手権2連覇中の17歳に対し、海外メディアは「まばゆい輝き放つ」「信じられない美しさ」と称賛ししている。

  • メドベージェワ、五輪シーズンの“決断”に海外で驚き「世界女王が予期せぬ変更」

    2017.10.13

    女子フィギュアスケートの世界女王、エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)が、五輪シーズンに演じるフリーのプログラム変更が世界に驚きを広げている。国際オリンピック委員会(IOC)が運営するテレビチャンネル「オリンピックチャンネル」が「世界女王が予期せぬ変更を下した」と特集している。

  • 宇野、真凜、メドベージェワ… ジャパンOPで五輪メダル候補競演、注目選手は?

    2017.10.06

    フィギュアスケートのジャパン・オープン(さいたまスーパーアリーナ)が7日に行われる。3地域が団体戦形式で争う一夜限りの決戦には注目の選手がズラリと集結する。

  • 女王メドベージェワと競演 本郷理華、「1、2位コンビ」で“美ショット”公開

    2017.09.25

    フィギュアスケートのオンドレイ・ネペラ杯(スロバキア)は23日にフリーが行われ、本郷理華(邦和スポーツランド)が2位に入った。大会後には優勝した世界女王、エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)との「1、2位コンビ」の2ショット写真を公開している。

  • メドベージェワ、漂う女王の貫録 37点差V発進で米賛辞「別格のスケートを誇示」

    2017.09.24

    フィギュアスケートのオンドレイ・ネペラ杯は23日(日本時間24日)、女子ショートプログラム(SP)首位の世界女王、エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)が146.72点をマークし、合計226.72点で圧勝。貫禄のシーズンV発進に対し、米メディアは「別格のスケートを誇示」と報じている。日本の本郷理華(邦和スポーツランド)は合計189.98点で2位に入った。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集