[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

エフゲニア・メドベージェワの記事一覧

  • メドベージェワ、世界選手権欠場も復帰後は4回転サルコウ挑戦へ 「考えているわ」

    2018.03.15

    平昌五輪フィギュアスケート女子シングルで銀メダルのエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)。右足痛のため21日開幕の世界選手権(イタリア)の欠場を決めたが、復帰後は4回転ジャンプへの挑戦を計画している。ロシアメディアが伝えている。

  • 女王メドベージェワが世界選手権欠場 ロシアスケート連盟が発表「とても残念」

    2018.03.13

    平昌五輪フィギュアスケート女子シングルで銀メダルのエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)が21日開幕の世界選手権(イタリア)を欠場することが決まった。ロシアスケート連盟が13日、発表した。メドベージェワは2016、17年と世界選手権を連覇中。1966~68年に3連覇を達成したペギー・フレミング(米国)以来、50年ぶりのV3を目指していたが、かなわなかった。

  • メドベージェワも世界選手権欠場か 母国誌が報道 羽生に続き“主役”候補が…

    2018.03.09

    平昌五輪フィギュアスケート女子シングルで銀メダルのエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)が21日開幕の世界選手権(イタリア)を欠場する可能性が浮上した。ロシアメディアが報じている。メドベージェワは世界選手権連覇中。3連覇を目指していたが、黄信号がともった。

  • メドベージェワの“秘めた母国愛”を海外メディアも特集 「スカーフの下には…」

    2018.03.06

    平昌五輪フィギュアスケート女子シングル銀メダリストのエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)。自身のインスタグラムで、五輪期間中は秘めていた母国への愛を示す動画が話題を集めていたが、海外メディアも取り上げるなど、反響が拡大している。

  • メドベージェワの“秘密な母国愛”が話題に 「ロシアの誇りだ」「国を支えた英雄だ」

    2018.03.05

    平昌五輪フィギュアスケート女子シングル銀メダリストのエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)は自身のインスタグラムを更新。15歳、ザギトワとの異次元の頂上決戦を展開した女王が、ロシアへの愛を示す動画が、大きな話題を呼んでいる。

  • 羽生結弦、メドベの“閉会式2ショット”が20万超の大反響「ジェラシーすら沸かない」

    2018.03.03

    平昌五輪のフィギュアスケート女子で銀メダルを獲得したエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)がインスタグラムを更新。男子で66年ぶり連覇を達成し、国民栄誉賞の授与されることが報道された羽生結弦(ANA)との閉会式の“舞台裏2ショット”を公開し、話題を呼んでいたが、1日あまりで20万以上の反応が集まるなど、反響は拡大の一途。近年フィギュア界を牽引してきた2人に対し、「2人だけの写真集が欲しい」「もはやジェラシーすら沸かないほど美しい2人」など海外ファンからため息が漏れている。

  • メドベージェワ、涙の勲章「私の双子」を公開 ファン祝福「私には貴女が一番だ」

    2018.02.25

    平昌五輪のフィギュアスケートで団体と女子で銀メダル2つを獲得したエフゲニア・メドベージェワ(OAR)がインスタグラムを更新。手にした2つのメダルを「私の双子」と題し、実物を公開した。重圧を背負い、涙で掴んだ勲章に対し、海外ファンは「私には貴女が一番」「心のチャンピオン、真のアーティスト」と祝福と労いの声が上がっている。

  • ザギトワ&メドベのハイレベル決戦を“元祖天才少女”も絶賛「私に寒気もたらした」

    2018.02.24

    平昌五輪のフィギュアスケート女子シングルは、まれにみるハイレベルな争いの末にアリーナ・ザギトワが、同門のエフゲニア・メドベージェワ(共にOAR)を破っての金メダルを獲得した。この五輪でも屈指のハイレベル決戦に、かつて米国で“天才少女”と呼ばれた1998年の長野五輪金メダリストのタラ・リピンスキーさんも「寒気をもたらした」と絶賛している。

  • メドベージェワが泣いた日 重圧と闘った18歳の涙 海外感動の輪「君は史上最高だ」

    2018.02.23

    平昌五輪は23日、フィギュアスケートの女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)2位の世界女王エフゲニア・メドベージェワ(OAR)は合計238.26点で銀メダルに終わった。大本命の重圧、3か月前の故障、母国の出場問題を乗り越えた18歳は演技後に号泣。海外ファンも「泣かなくていい。君のプログラムが一番美しかった」「美しさ。感情表現。芸術性。君は、史上最高だ」「彼女が初めて泣いている姿を見た」と感動の輪が広がっている。

  • ザギ&メドベ、ハイレベル決着を海外も続々速報「女子フィギュアはロシアが支配」

    2018.02.23

    平昌五輪は23日、フィギュアスケートの女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の15歳アリーナ・ザギトワ(OAR)が世界歴代2位の合計239.57点で金メダルを獲得した。SP2位の世界女王エフゲニア・メドベージェワ(OAR)は合計238.26点で銀メダル。わずか1.31点差でのワンツーフィニッシュ、世界歴代2、3位となる屈指のハイレベル決着を海外メディアも次々と速報した。

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集