[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

アリーナ・ザギトワの記事一覧

  • ロシアから今度は12歳新星 ザギトワら育てた名伯楽が「今季の1番のお気に入りに」

    2019.01.22

    次々に新星が誕生しているロシアのフィギュアスケート界。今度は12歳の名前が現地メディアを騒がせている。平昌五輪を制したアリーナ・ザギトワやロシア選手権を制したアンナ・シェルバコワ、アレクサンドラ・トゥルソワらを指導する名伯楽エテリ・トゥトベリーゼコーチの秘蔵っ子として注目を集めているのが、12歳のカミーラ・ワリエウだ。2022年の北京五輪の金メダル候補として、スポットライトが当たっている。

  • ザギトワ、戦闘機仕様の“新作”導入へ 担当者自信「地球上で最も軽いブレードです」

    2019.01.16

    フィギュアスケートの欧州選手権(21日開幕)に出場する平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ(ロシア)が“新兵器”を導入する可能性が浮上した。大会を目前に新しい靴のブレードを作製。今大会で試すとみられ、製造メーカーは実物を画像付きで公開した。担当者も「地球上で最も軽いブレードです」と自信を見せているという。ロシアメディアが伝えている。

  • ザギトワ、日本語の“265文字の年越し挨拶”を投稿「愛してくださった皆様に…」

    2019.01.01

    フィギュアスケートの平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ(ロシア)が31日、インスタグラムを更新。2018年にすっかり日本のファンも魅了した16歳は日本語で265文字の年越しの挨拶をつづり「今年のことは今後も忘れることはないでしょう」と2018年を振り返り、「皆さまのおかげで前に進むことができました」と感謝を伝えている。

  • ザギトワ逆襲へ、4回転フリップ特訓 露メディア脚光「五輪女王はますます驚かせる」

    2018.12.30

    フィギュアスケートのロシア選手権で2位に入った14歳アレクサンドラ・トルソワが練習で4回転フリップを成功。自身のSNSに動画付きで公開し、驚きが広がっていたが、平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワも同じ4回転フリップに取り組んでいるという。ロシアメディアが伝えている。

  • 【名珍場面2018】ザギトワの中日ユニ姿が「可愛すぎる!」 長洲未来の“舞台裏の1枚”に反響続々

    2018.12.28

    2018年も、残り4日。様々な競技で盛り上がりを見せたスポーツ界を連日、振り返る「名珍場面2018」。今回はフィギュアスケート、平昌五輪金メダリスト・アリーナ・ザギトワ(ロシア)と野球の意外過ぎるコラボだ。夏に愛知で行われたアイスショーで共演した長洲未来(米国)がインスタグラムでザギトワとの2ショットを公開したのだが……その姿はなんと中日のユニホームを身に着けてのもの。ファンを大いに喜ばせていた。

  • 世界選手権にロシアからは誰が!? メドベージェワ、トゥクタミシェワも可能性残す

    2018.12.26

    フィギュアスケートのロシア選手権は優勝した14歳アンナ・シェルバコワ以下、驚異のジュニア勢が表彰台を独占。この結果を受けて同国スケート連盟は欧州選手権(1月・ミンスク)の代表を発表。シニア最上位4位のスタニスラワ・コンタンティノワ、5位のアリーナ・ザギトワ、6位のソフィア・サモドゥロワを選んだ。一方で、世界選手権(3月・埼玉)の代表に関しては、欧州選手権での結果次第とのことで発表されていない。肺炎でロシア選手権を欠場したGPファイナル3位のエリザベータ・トゥクタミシェワ、実績十分のエフゲニア・メドベージェワが選出される可能性も残しているという。ロシアメディアが伝えている。

  • ザギトワ、“ハートに埋もれた1枚”にコメント2000件大反響「いつもあなたのファン」

    2018.12.25

    フィギュアスケートのロシア選手権(サランスク)の女子フリーでは、ショートプログラム(SP)1位の平昌五輪女王アリーナ・ザギトワは2度の転倒が響いて131.41点と得点は伸びず、合計212.03点でまさかの5位に終わった。競技後にインスタグラムを更新。客席からリンクに投げ込まれたハートに埋もれる写真を公開し、周囲への感謝をつづっていたが、ファンからも反響が続々。8万件を超える「いいね!」と、2000件を超えるコメントがつけられている。

  • メドベ&ザギトワ、舞台裏の“友情の1枚”に露メディア脚光「週間ベストショット」

    2018.12.25

    フィギュアスケートのロシア選手権は、優勝した14歳アンナ・シェルバコワら、ジュニア勢が表彰台を独占。一方で平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワはフリーで失速し5位、同銀メダルのエフゲニア・メドベージェワはショートプログラムの14位から巻き返したものの7位に終わった。ロシアでは不仲説も囁かれていた両者だが、現地メディア「sports.ru」は演技後に2人が仲良く写真撮影する姿に脚光。画像で公開している。

  • ザギトワ、“ハートに埋もれた1枚”に反響殺到 「私に対する愛に心から感謝」と綴る

    2018.12.24

    フィギュアスケートのロシア選手権(サランスク)は22日、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の平昌五輪女王アリーナ・ザギトワは2度の転倒が響いて131.41点と得点は伸びず、合計212.03点でまさかの5位に終わった。競技後にインスタグラムを更新。客席からリンクに投げ込まれたハートに埋もれる写真を公開し、周囲への感謝をつづっている。

  • ザギトワ、“悪夢の4分間”も重鎮タラソワ氏は擁護「生身の人間で、機械ではない」

    2018.12.24

    フィギュアスケートのロシア選手権(サランスク)は22日、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の平昌五輪女王アリーナ・ザギトワは2度の転倒が響いて131.41点と得点は伸びず、合計212.03点でまさかの5位に終わった。優勝した14歳アンナ・シェルバコワら、年下のジュニア勢に表彰台独占を許した女王に対し、現地の中継で解説を務めたロシアの重鎮タチアナ・タラソワ氏は「私は彼女を全くとがめない。彼女はもう力を振り絞れなかった」と慮っている。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集