[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

アリョーナ・コストルナヤの記事一覧

  • “男子超え”コルトルナヤ、初めてエテリ氏に褒められたと告白「満足してるわ、と…」

    2019.12.28

    フィギュアスケートのロシア選手権は27日、女子ショートプログラム(SP)でグランプリ(GP)ファイナル覇者、アリョーナ・コストルナヤが驚異の89.86点をマークし、首位に立った。非公認ながら、自身の世界最高得点を大幅に上回る完璧な演技で男子SPより高得点をマーク。演技後、振り返った16歳はコーチのエテリ・トゥトベリーゼ氏に初めて褒められたことを明かした。

  • コストルナヤ、“男子超えの衝撃”に海外メディア絶賛「史上最も技術的に困難なSPだ」

    2019.12.28

    フィギュアスケートのロシア選手権は27日、女子ショートプログラム(SP)でグランプリ(GP)ファイナル覇者、アリョーナ・コストルナヤが驚異の89.86点をマークし、首位に立った。非公認ながら、自身の世界最高得点を大幅に上回る完璧な演技で男子SPより高得点をマーク。海外メディア、ファンも衝撃を受けている。

  • 【名珍場面2019】衝撃Vのトルソワ、キュート過ぎ“3人娘ショット”に反響「なんてみんな美しいんだ」

    2019.12.27

    12月を迎え、様々な競技で盛り上がりを見せたスポーツ界を連日、振り返る「名珍場面2019」。今回は今季のフィギュアスケート界を席巻したロシアの天才3人娘だ。グランプリ(GP)シリーズ6戦すべての優勝を3人で分け合い、GPファイナルの表彰台も独占。女子の主役に躍り出たが、約10か月前には3人ともジュニアの大会に出場。そこでも当然のように表彰台を独占していたのだが、ロシアの写真家がインスタグラムでキュートな3ショットを公開し、反響を呼んでいた。

  • 【名珍場面2019】コストルナヤ、原宿出没の“天才娘私服3ショット”に海外反響「美しい写真だ!」

    2019.12.22

    12月を迎え、様々な競技で盛り上がりを見せたスポーツ界を連日、振り返る「名珍場面2019」。今回はフィギュアスケートのアリョーナ・コストルナヤ(ロシア)だ。6月にアイスショーで日本滞在中に同門のアレクサンドラ・トルソワ、アンナ・シェルバコワと東京・原宿に出没。のちにグランプリ(GP)ファイナルの表彰台を独占する“天才3人娘”が私服姿でオフを満喫する様子をインスタグラムで公開し、「美しい写真だ!」などと海外ファンの視線を釘付けにした。

  • ザギトワの若すぎる世代交代 年齢制限変更をタラソワ氏提言「15、16歳は別に競技を」

    2019.12.16

    母国で活動休止を報じられていたフィギュアスケートの平昌五輪女王アリーナ・ザギトワ(ロシア)。15日に自身のインスタグラムで活動休止や引退を否定したが、17歳の若さで世代交代を突きつけられている。国内外をにぎわせているなか、名コーチのタチアナ・タラソワ氏はフィギュアスケート界の年齢制限引き上げを提言。ロシアメディア「championat.com」が伝えている。

  • 天才3人娘で一番“女性の滑り”をしてるのは? 露識者「彼女は未成熟に見えない」

    2019.12.10

    フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルのは16歳アリョーナ・コストルナヤ(ロシア)が初出場V。2位にアンナ・シェルバコワ(ロシア)、3位にアレクサンドラ・トルソワ(ロシア)が入り、今季シニアデビューした同門の3人が表彰台を独占した。99年にロシア初の世界選手権女王となったマリア・ブッテルスカヤ氏はロシアメディア「russian.rt.com」のインタビューで大会を総括し、「表彰台3人で誰が一番、“女性の滑り”をしているか」の問いに言及している。

  • コストルナヤら、天才3人娘の“エテリ組集合写真”に反響「なぜサーシャは犬を!?」

    2019.12.08

    フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは7日(日本時間8日)、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の16歳アリョーナ・コストルナヤ(ロシア)が初出場V。SP3位のアンナ・シェルバコワ(ロシア)が2位に、SP5位のアレクサンドラ・トルソワ(ロシア)が3位に入り、GPシリーズ6戦を完全制覇した天才3人娘が表彰台を独占した。試合後、振付師のダニイル・グレイヘンガウス氏がコストルナヤがお茶目に“変顔”も決めたチーム集合写真を公開し、反響を集めている。

  • コストルナヤV、世界最高の“美”に海外絶賛「彼女のジャンプを教科書に載せよう」

    2019.12.08

    フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは7日(日本時間8日)、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の16歳アリョーナ・コストルナヤ(ロシア)が162.14点をマークし、世界最高得点を大幅に更新する合計247.59点で初出場Vを飾った。代名詞の「美」を存分に表現した圧巻の演技に対し、海外メディアも「彼女のジャンプを教科書に載せよう」と大絶賛している。

  • コストルナヤ、世界記録の完璧演技にISUが感嘆 “美連発”に「全てを成し遂げた!」

    2019.12.07

    フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは7日、女子ショートプログラム(SP)が行われ、16歳アリョーナ・コストルナヤ(ロシア)が85.45点の世界最高得点をマークし、首位に立った。連覇がかかる紀平梨花(関大KFSC)は6位と出遅れた。海外記者は美しく舞ったコストルナヤのパーフェクト演技を絶賛している。

  • 紀平梨花は表彰台まで? ロシア識者断言「2大優勝候補はコストルナヤとトルソワ」

    2019.12.05

    フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは5日に開幕する。激しい争いとなりそうな戦いの一つが、女子だ。大国ロシアから4人が出場し、日本の紀平梨花(関大KFSC)とブレイディ・テネル(米国)が挑む。ソルトレイクシティ五輪アイスダンス銀メダリストで現在は振付師として活躍するロシアのイリヤ・アベルブフ氏は、優勝候補にアリョーナ・コストルナヤとアレクサンドラ・トルソワという母国の2人を挙げている。ロシアメディア「teamrussia.pro」が伝えている。

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集