[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【今、伝えたいこと】岩に恋した22歳、大場美和が登り続ける理由「クライマーの挑戦に限界はない」

新型コロナウイルス感染拡大により、スポーツ界はいまだかつてない困難に直面している。試合、大会などのイベントが軒並み延期、中止に。ファンは“ライブスポーツ”を楽しむことができず、アスリートは自らを最も表現できる場所を失った。

希少なプロのフリークライマーとして活躍する大場美和
希少なプロのフリークライマーとして活躍する大場美和

連載「Voice――今、伝えたいこと」第26回、岩を登り続けるフリークライマーの覚悟

 新型コロナウイルス感染拡大により、スポーツ界はいまだかつてない困難に直面している。試合、大会などのイベントが軒並み延期、中止に。ファンは“ライブスポーツ”を楽しむことができず、アスリートは自らを最も表現できる場所を失った。

 日本全体が苦境に立たされる今、スポーツ界に生きる者は何を思い、現実とどう向き合っているのか。「THE ANSWER」は新連載「Voice――今、伝えたいこと」を始動。各競技の現役選手、OB、指導者らが競技を代表し、それぞれの立場から今、世の中に伝えたい“声”を届ける。

 第26回はフリークライマーの大場美和が登場する。東京五輪の新種目に採用されたスポーツクライミングのトップ選手として活躍していたが、18年をもって競技を退き、岩を登るフリークライマーに転身。22歳が自然に挑み続ける理由とは――。

 ◇ ◇ ◇

 もし、今、急いでいない人は、この記事を読む前に「大場美和 インスタグラム」で検索してみてほしい。

「miwa_oba」のアカウントに何本も投稿された動画。文字で書き連ねるよりも早い理解が映像ひとつで得られる。青空の下、まさに断崖絶壁という岩にとりつき、身長163センチの何倍もある高さを登る様子が収められ、フォロワーから驚きのコメントが並ぶ。

 動画に映っている女性こそ、大場美和、22歳。職業はフリークライマーである。

「初めて登る岩の前に立つと『かっこいいなあ、この岩』って思うんです。次に『これを登りたい』と思い、どうやったら登れるかを考える。どこが持てるか、ここを右手で行って、ここに左足を置けばいけるかな、とか。そういう風にしてゴールまでの道のりを紐解いていく感じが好きだし、何より登り切った時に見える風景が気持ちいい。やっぱり、日常では味わえない感覚ですね」

 そう語った、競技の魅力。現在、日本では希少なプロクライマーの一人として活動し、関東近郊の山にある岩場を登っている。一方で「クライミング」と聞いて今、最も認知されているのは「スポーツクライミング」だろう。

 東京五輪から正式に採用され、注目されている新種目。高さ15メートルの壁の登る速さを競うスピード、高さ5メートル以下の壁に設定された複数のボルダー(コース)を制限時間内にいくつ登れたか競うボルダリング、12メートル以上の壁に設定されたコースで登った高さを競うリード。その3つで記録した順位をポイントに換算し、総合順位で成績を争うものだ。

 大場ももともと、スポーツクライミングで日本のトップ選手だった。出会いは、一冊の雑誌で見た写真だった。

1 2 3 4
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集