[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【今、伝えたいこと】 元オリンピアン青木愛が伝えたい目標に向かう強さ 「今はみんなの協力が大事」

コロナ禍で知る貴重な日常「当たり前だと思っていたことが…」

 これまでは「友達と食事をしたりドライブ行ったりして、最後はスーパー銭湯で締めるのが一番のリフレッシュ」だったという青木さん。自宅でステイホームを心掛ける日々を過ごしながら「普段あまりしない料理をしてみたりしています」と新たなチャレンジに乗り出す一方、最近は友達とオンラインで朝まで話し込みながら「当たり前だと思っていたことが、なんて幸せなことだったんだろうと思っています」と話す。

 スポーツがそこにある日常も、友達と気軽に会える日常も、今は貴重なこととなった幸せを一日でも早く取り戻すために、今こそみんなが一つの目標に向かって協力する時だ。

「今は本当に辛く、我慢の時期が続いていると思います。実際に私もそう感じています。でも、みんなが家にいるよう心掛けたり、活動を自粛することで、早くこの状況が終息すると思います。みんなそれぞれ我慢していることがある。だからこそ、普通の生活を取り戻せた時に思いきり楽しめますし、幸せだと思えると思うんです。一日でも早く終息させるために、今はみんなの協力が大事ですよね」

 目標に向かって辛い時を乗り越えれば、そこには必ず結果が待っている。経験者が伝えるメッセージは力強い。

■青木 愛(あおき・あい)

 1985年5月11日生まれ、京都府出身。地元の京都踏水会で乳幼児の頃から水泳を始め、8歳から本格的にアーティスティックスイミングに取り組んだ。小学生の頃にはジュニア五輪で優勝するなど好成績を収め、中学2年生から井村雅代・現日本代表監督に師事。大阪にある井村シンクロクラブに通った。2005年に20歳の若さで日本代表に抜擢されるが、肩の怪我で世界水泳出場を断念。翌年のワールドカップではチーム種目で銀メダルを獲得した。2008年にチーム最年少の23歳で北京五輪の日本代表に選ばれると、本番ではチーム種目で5位入賞。五輪終了後に現役を退くと、ジュニア世代の指導者を経て、現在はメディアで活躍しながらアーティスティックスイミングをはじめスポーツの普及に努めている。

(THE ANSWER編集部・佐藤 直子 / Naoko Sato)

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集