[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【今、伝えたいこと】球児に勧める“不安との向き合い方” 打撃職人・和田一浩が野球人生から学んだこと

新型コロナウイルス感染拡大により、スポーツ界はいまだかつてない困難に直面している。試合、大会などのイベントが軒並み延期、中止に。ファンは“ライブスポーツ”を楽しむことができず、アスリートは自らを最も表現できる場所を失った。

西武と中日で活躍した和田一浩氏【写真:大森大祐】
西武と中日で活躍した和田一浩氏【写真:大森大祐】

連載「Voice――今、伝えたいこと」第15回、コロナ禍の球児へ打撃職人からの金言

 新型コロナウイルス感染拡大により、スポーツ界はいまだかつてない困難に直面している。試合、大会などのイベントが軒並み延期、中止に。ファンは“ライブスポーツ”を楽しむことができず、アスリートは自らを最も表現できる場所を失った。

 日本全体が苦境に立たされる今、スポーツ界に生きる者は何を思い、現実とどう向き合っているのか。「THE ANSWER」は新連載「Voice――今、伝えたいこと」を始動。各競技の現役選手、OB、指導者らが競技を代表し、それぞれの立場から今、世の中に伝えたい“声”を届ける。

 第15回はプロ野球の西武、中日で19年に渡って活躍した和田一浩氏が登場。高校野球では春夏の甲子園が中止になり、球児たちは大きな目標を失った。43歳で引退するまでにプロ通算2050安打を積み重ねた打撃職人は、選手生活で数多の困難と対峙してきた経験から、コロナ禍を過ごす子どもたちにメッセージを送った。

 ◇ ◇ ◇

 誰も経験したことがない状況と、野球界も戦っている。プロ野球の開幕が予定されていた3月20日から2か月が経過。まだ、球場に歓声は響かない。高校野球では無観客開催が検討されたセンバツに続き、今月20日には夏の甲子園も戦後初の中止が決まった。

 長年過ごしてきた野球界の流れとは大きく異なる1年。野球解説者として活動する和田氏も、新型コロナがもたらす困難を感じている。今月7日、Zoomでの取材に対してこう語ってくれた。

「一番は、選手がすごく辛い状況だと思います。僕たちは、あくまでも伝える側の立場でコンディションに影響はないけれど、プロや大学、高校でやっているプレーヤーは影響を受けている。

(練習の)強度もなかなか上げられない、目標も立てづらい。一生懸命やりすぎても煮詰まる。体調をしっかり整えてやるのが大事じゃないかと思うけれど、ただ経験したことがある選手が誰もいないし、的確なことかどうかがわからないですよね……」

 世界中が危機にさらされ、日本では緊急事態宣言が発令された。マスクなどの買い占め、逼迫した医療現場……さまざまな社会問題が伝えられる中、全ての人々の生活に絶対的に必要であるとは言えないスポーツ興行の優先度は、高くはないかもしれない。だが、プロ野球の開幕がもたらす一定の意味はあるとも思っている。

「プロ野球が開幕するということは、それだけ日常に近づいたという意味合いはあると思います。世間の皆様には『野球がいよいよ始まったのか、だんだん良くなってきたな』とは感じてもらえると思うし、開幕を待ちに待っているファンの方もいる。その楽しみに選手が期待に応えるプレーをするのがいい流れだと思います」

 プロ通算打率.303、319本塁打を誇り、首位打者、シーズンMVPなど数々のタイトルも獲得。42歳11か月で史上最年長となる通算2000本安打を達成した和田氏は、スポーツを「非日常のこと」と表現する。試合で自分が放ったホームランに対して「すごく勇気づけられました!」などと多くの反響をもらえた。現役引退後、改めてスポーツの力を実感しているという。

「自分のプレーで喜んでもらえたというのはうれしかったし、励みにもなった。普段では得られないような喜びや感動を得られる、そういった力がスポーツにはあると思います」

1 2 3 4
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集