[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【#キミとONETEAM】「楽しい時、しんどい時、隣にはいつも仲間がいてくれた」―パナソニック・竹山晃暉

竹山さんは「応援してくれる仲間の大切さを知ってほしい」と高校生へメッセージを送った【写真:Getty Images】
竹山さんは「応援してくれる仲間の大切さを知ってほしい」と高校生へメッセージを送った【写真:Getty Images】

母校で実感「高校生は目の色がきれい」、高校生へメッセージ

 プロなのでオフシーズンは時間があり、昨年は母校の御所実高によく行きました。入学前、監督の竹田寛行先生に「御所においで」と言われた時、僕の夢、竹田先生の夢が日本一だったのですが、それをかなえられず卒業してしまった。だから、何かしらの他の形で御所というチームに貢献したいと思ったのがきっかけです。

 かつ、自分のラグビー人生において「伝える」ということがすごく苦手なので、勉強もかねておじゃましていました。高校生は目の色がきれい。目を輝かせて何かに取り組んでいる印象で、話しているこちらも気持ちよくなります。

 新型コロナの影響で多くの大会が中止になりましたが、今の状況をポジティブにとらえることしかないと思うんです。動きたくても動けない状態。できないことによって、いつもどれだけ恵まれた環境でできているか再確認できる。例えば整備されたグラウンドを見ると、整った環境でラグビーができていることに気づけると思います。

 今はラグビーをしたくてしかたがないはず。大切さを痛感して、コロナが落ち着いたら今の気持ちを爆発させてほしい。よりたくましい選手になれる機会。コロナが終息した後によりよい人生を送るための一番の材料になると思います。

 高校の時に踏んだ花園と、大学の時に踏んだ花園は全く違います。やっぱり高校生にとって花園は夢の舞台。本当にみんなが目標とするところです。他の大会だと地元の人が試合を見に来てくれますが、花園は全国大会なので、国中の人が注目している状況でプレーができる。僕はまず規模の大きさに驚きました。こんなに観客がいて、こんなに楽しいんだなと思ったのは花園が初めてでした。

 誰もが出られる場所ではなく、空気感が違います。本当に聖地というか、花園が行われている時だけ神秘的な雰囲気が出ている感じがします。その花園でラグビーができたこと、2年生の時は花園に出られない悔しさを味わったこと、この2つを経験できたことはすごく今の人生につながっている。高校ラガーマンのみんなには、花園の芝生は日本でも1位、2位を争うくらい素晴らしいということを知ってほしいです。

 そして、花園の芝生を踏むだけではなく、そこで勝つ喜び、トライをする瞬間の喜び、仲間がトライをした喜び、応援してくれる仲間の大切さを知ってほしい。いろんなシーンからたくさん感動をもらえるし、人を感動させられる。しっかりと目標を定めた中で花園の聖地でプレーしてもらいたいと思います。

 卒業しても母校を応援していると、ライバル校出身の選手が大学のチームメイトにいたら、めちゃくちゃもめますからね(笑)。俺の出身校が勝った、負けたとか言いあって。OBも盛り上がれるような大会なので、本当に年齢制限なく楽しめると思います。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集