[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【#キミとONETEAM】「新しいことへの挑戦は、夢をかなえるための準備」―7人制リオオリンピック代表・豊島翔平

7人制ラグビーのリオオリンピック躍進は「奇跡ではない勝利」

 みなさんは、7人制ラグビーのことをどれくらい知っていますか? 僕が出場した4年前のリオオリンピックで、7人制ラグビーの男子は4位に入賞しました。ニュースで見てくれた方もいらっしゃると思いますし、今はSNSで選手がいろいろと楽しみながら発信してくれているので、知ってくださっている人は増えていると思います。個人のパス、ステップ、ランニングのスキルが活きる競技で、大会の雰囲気もお祭りに近いものがあるので、僕も大好きな競技です。

 本当なら今年のいまごろは、東京オリンピックの種目になっている7人制ラグビーのことを知ってもらうために、幼稚園や学校で授業をさせてもらっていたはずでした。いつもはクイズ形式も交えて、ルールや特徴を教えます。「時間は何分でしょう?」「人数が違います」「フィールドは同じです」「鬼ごっこのようなものだよ」などですね。

 昨年のW杯の後も授業をしましたが、子どもたちの食いつき方は全然違いましたね。リーチ選手はもちろん、松島選手やレメキ選手などの名前もポンポン出てきて、ラグビーを知っている子どもが増えているんだなと思いました。授業でラグビーボールを扱うこともありますが、やはりなかなか触ることがないのか、すごく関心を持ってもらえていました。

 7人制ラグビーなどで僕が経験したことから、いまの子ども達に伝えたいことがあります。それは「夢をかなえるには、準備が必要」ということです。

 僕はオリンピックの前に1度、代表からもれて悔しい思いをしました。でも、いつ呼ばれてもいいように準備をして、チャンスをもらってリオオリンピックに出られました。最初の試合の相手は金メダル候補のニュージーランド。でも、日本代表は何か月も前から準備をしていて、その準備がすべてはまって勝つことができました。奇跡ではない勝利だったと思っています。

 ケガに悩まされたときもそうですが、僕はラグビーから目標に向かって準備する大切さを学びました。「何でも準備をしっかりしていけば、いい結果が生まれる」ということは伝えたいですね。夢をかなえることも重要だけれど、夢をかなえるためには自分自身に何が必要なのか? 物事を主体的に考え目標に向かうこと自体が、人を成長させる大切な事だと思います。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集