[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【#キミとONETEAM】「新しいことへの挑戦は、夢をかなえるための準備」―7人制リオオリンピック代表・豊島翔平

新型コロナウイルスの感染拡大により、昨秋のワールドカップ(W杯)で空前のブームが巻き起こったラグビー界も大きな影響を受けた。1月に開幕したトップリーグがシーズン途中で中止。1試合の観客最多動員を記録する試合も生まれるなど、W杯から続いていた盛り上がりが予期せぬ形で途絶えてしまった。

東芝ブレイブルーパスの豊島翔平さん【写真:Yuka SHIGA】
東芝ブレイブルーパスの豊島翔平さん【写真:Yuka SHIGA】

子どもたちともう一度「ONE TEAM」に―「ラグビー選手から午前9時のメッセージ」第27回

 新型コロナウイルスの感染拡大により、昨秋のワールドカップ(W杯)で空前のブームが巻き起こったラグビー界も大きな影響を受けた。1月に開幕したトップリーグがシーズン途中で中止。1試合の観客最多動員を記録する試合も生まれるなど、W杯から続いていた盛り上がりが予期せぬ形で途絶えてしまった。

【注目】現役、OB、指導者ら豪華メンバーが連日登場 ラグビー連載「#キミとONETEAM」全一覧はこちらから

 もっとプレーを見せたかった選手、プレーを見たかった子どもたち。距離が遠くなってしまったいま、「THE ANSWER」はラグビー界がもう一度、子どもたちと一つになれることを願って、「#キミとONE TEAM」と題した連載をお届けしている。

 元日本代表主将の菊谷崇さんと廣瀬俊朗さんが発起人となり、多くの現役、OB、指導者らが賛同。いま抱えている思いとともに、全国の子どもたちに向けたメッセージを送る。また、記事は連日午前9時に配信。「#きょうのトライ」として、学校が休校となっている子どもたちにきょう1日を使い、やってほしいことを提案する。

 第27回は、トップリーグ・東芝ブレイブルーパスのFB豊島翔平さんだ。トップリーグで活躍するだけではなく、2016年のリオデジャネイロオリンピックでは7人制ラグビー日本代表として、1次リーグで優勝候補ニュージーランドを破るなど4位入賞に貢献した。

 ◇ ◇ ◇

 昨年、とても盛り上がったラグビーW杯。僕自身もすごく楽しんでいた1人でした。大学の同級生で、東芝ブレイブルーパスでもチームメートのリーチ マイケル選手や、同年代の山中亮平選手、レメキ ロマノ選手などを応援しながら楽しんでいました。リーチ、リーチと言いたくはないけれど(笑)。同期として誇らしくて。決勝戦で優勝カップの授与式に出席したリーチ選手を見て、同期として誇らしく、尊敬するなと思いながら眺めていました。

 東芝からは、リーチ選手と徳永選手がW杯に出場しました。東芝でキャプテンをしている徳永選手に関しては、W杯ですごく成長したなと思っています。ラグビーに取り組む姿勢は元々よかったのですが、さらに物事を考えたり、チームを見る角度がすごく変わったような印象があります。発言もすごく増えて、リーダーらしさが増し、いいキャプテンになっていると思います。

 トップリーグの開幕戦は試合会場に着く前から「今日はたくさんお客さんが来るんだろうな」と思っていました。試合の朝はコーヒーを飲んで散歩して、試合の準備をするというルーティンがあるんですが、ニュースなどでチケットが完売したなど情報を聞いていましたし、僕自身、人がたくさんいるところでの試合の方が好きなので、「人が入れば入るだけ自分も盛り上がってやれる」と、コーヒー飲みながらすごくワクワクしていたことを覚えていますね。

 今回の新型コロナウイルスのことは、状況が状況なので仕方ないと思うし、誰も責められるものではありません。いまは、チームのジムやグラウンドが使用できない状況です。僕は家で腹筋や腕立てをしたり、人が少ない時の公園を狙ってTRXという器具をつかったトレーニング、マスクをつけてのジョギングなどをして体を鍛えています。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集