[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【今、伝えたいこと】情熱、結束、品位、規律、尊重 大西将太郎「ラグビー憲章の5つの言葉が現代に必要」

アスリートに伝えられるのは「我慢」の先にあるもの

 今、日本が闘っているのは、ウイルスという敵。終息という結果を目指し、自粛という地道な我慢を続けている。そのアプローチは勝利を目指し、人並外れた練習に我慢を続けるアスリートと重なる、と見ることもできる。

 アスリートは「我慢」の先にある「成果」の大きさを誰よりも知っている。そうであるとするならば、アスリートは練習動画以外にも、未曾有の危機と立ち向かっている世の中に発信できるメッセージはあるのではないか。

 大西氏は言う。 

「スポーツはどの競技にもルールがある。何をしてもいいわけじゃなく、ルールの中でお互い相手も味方も尊重して戦う。何をやってもいいとなったら、ラグビーなんて喧嘩になってしまう。ルールの中で自分たちができるパフォーマンスを最大限に発揮し、勝利した先に喜びとなって表れてくる。

 スポーツをしている人たちは、それを知っているから我慢することができると思う。逆にアスリートからの視点で見ると、アスリートが伝えられることは我慢することの大切さと、我慢を経て得られる喜びの大きさ。アスリートが発信することによって、一般の皆さんに伝わることがあると思う」

 大西氏自身は現在41歳と、まだ若い。今後については「ラグビーというものの価値を再認識してもらえる活動が中心になっていく」と言い、ラグビーW杯に向けて続けてきた競技を普及・発展させたい思いは、変わらない。

「僕にとってラグビーは自分を育ててくれたもの。いつまでも絶えることなく魅力あるスポーツだと思うので、僕を育ててくれたラグビーというスポーツを一人でも多く、魅力を発信し続けるだけ。そこはブレずに変わらず、やっていきたい。ラグビーから得られるものが社会に生きる部分は多いと思うし、競技の価値をもって、いろんなところでいろんなことに挑戦する大切さがある」

 ラグビーというスポーツの価値をもっと広げるため、走り続ける。終わりなきフィールドに、情熱を携えて。

■大西 将太郎(おおにし・しょうたろう)

 1978年11月18日生まれ。大阪府出身。啓光学園高(大阪)で全国高校大会で準優勝し、高校日本代表では主将を務める。同大4年に日本代表初選出。07年W杯フランス大会の1次リーグ・カナダ戦では終了直前に同点ゴールを決め、12-12の引き分けに持ち込み、日本代表のW杯連敗記録「13」ストップに貢献。代表キャップは33。トップリーグではヤマハ発動機に在籍した07年にベスト15、得点王、ベストキッカーを獲得。近鉄、トヨタ自動車織機を経て16年限りで引退した。ポジションはセンター。

(THE ANSWER編集部・神原 英彰 / Hideaki Kanbara)

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集