[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【今、伝えたいこと】情熱、結束、品位、規律、尊重 大西将太郎「ラグビー憲章の5つの言葉が現代に必要」

今、ラグビー選手に必要なのは「Resilience」

 1試合の最多観客動員を記録するなど、歴史的な盛り上がりを見せたトップリーグはシーズン途中の3月をもって中止となった。

 大西氏はラグビー人気がまだ下火だった07年のW杯フランス大会に出場。第3戦カナダ戦の終了間際に同点ゴールを決めて引き分けに持ち込み、当時の日本代表の大会連敗記録を「13」で止めるなど活躍。しかし、1分け3敗の1次リーグ敗退で終えて、日本に帰ると空港で出迎えた記者は、2人だけだった。「当時はNHKが深夜で放送するくらいの大会でしたからね」と、笑って振り返る。

 ラグビー不遇の時代を知り、競技を支え続けてきた立場だからこそ、昨秋に日本で行われたW杯を経て、トップリーグに生まれた“熱”は格別だった。従来の会場には見られなかった若い世代、女性に子供も増えた。その変化は、はっきりと感じ取っていた。

「W杯の成功もあって、ラグビーは昨年、一番盛り上がったスポーツだったと思う。しかし、大きく跳ね上がった分、人々がスポーツどころではない状況になり、降下率も大きかったと思う」と影響の大きさを感じ、さらに「このまま終盤まで優勝争い、日本選手権と、よりハイレベルな試合をW杯でラグビーに興味を持ってくれた子供たちに見せてあげたかった」と無念さを滲ませた。

 しかし、中止になった事実は変わらない。影響を受けたのは、どのスポーツも一緒だ。だから、努めて前向きに状況を捉える。

「もし、去年の今頃がこの状態だったらW杯どころではなかった可能性もある。その中で実際に開催できて、成功もできた。世界各国の人たちが訪れ、日本という国の素晴らしさ、みんなで一つになることの良さが伝わったわけなので。ラグビー界はそういう経験をさせてもらった。開催させてもらった思いを大事にして、またあんな機会が来るようにという力にする。そう思うしかない」

 この状況を最も無念に思っているのは、ほかならぬ選手たち。「もし、自分が現役だったらと考えると、コンディション、モチベーションを保つのはすごく難しい状況」と慮った上で「Resilience(レジリエンス=回復力、弾性)」をキーワードに挙げた。

「困難な状況に置かれてもその分、反発力高く、マインドセット(物事の捉え方)をプラスに変えることがアスリートはもちろん、人間として成長につながっていく。『ああいう時代もあったな』と思える時代が来るように、今できることに集中し、準備する時間にしてほしい。先が見えない中で難しいけど、それはラグビー選手だけじゃない。何より難しいのは五輪を目指す選手たち。

 ラグビーはW杯を経験させてもらい、プレーできる感謝が身に染みている選手ばかり。だから、自分にできることに集中し、あとはプレーをするだけ。もちろん、選手はプレーすることで価値が生まれるけど、状況を考えるとSNSで発信したり、ファンの気持ちを遠ざけなかったりするのも選手の役割。新しい仕事が増えるけど、そういうアプローチをそれぞれ考えないといけないと思う」

 実際、多くのアスリートが家でできる練習動画などを更新し、ラグビー界も昨年のW杯に出場した日本代表選手らがSNSで活発に発信。日本で大きなムーブメントを起こせたことに感謝しながら「今、できること」に集中すべきと、後輩たちに願いを込めた。

 ラグビー選手ばかりではない。一人のアスリートとしての役割も考えている。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集