[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【今、伝えたいこと】情熱、結束、品位、規律、尊重 大西将太郎「ラグビー憲章の5つの言葉が現代に必要」

新型コロナウイルス感染拡大により、スポーツ界はいまだかつてない困難に直面している。試合、大会などのイベントが軒並み延期、中止に。ファンは“ライブスポーツ”を楽しむことができず、アスリートは自らを最も表現できる場所を失った。

ラグビー元日本代表の大西将太郎氏【写真:スポーツビズ】
ラグビー元日本代表の大西将太郎氏【写真:スポーツビズ】

連載「Voice――今、伝えたいこと」第12回、元ラグビー日本代表戦士のメッセージ

 新型コロナウイルス感染拡大により、スポーツ界はいまだかつてない困難に直面している。試合、大会などのイベントが軒並み延期、中止に。ファンは“ライブスポーツ”を楽しむことができず、アスリートは自らを最も表現できる場所を失った。

 日本全体が苦境に立たされる今、スポーツ界に生きる者は何を思い、現実とどう向き合っているのか。「THE ANSWER」は新連載「Voice――今、伝えたいこと」を始動。各競技の現役選手、OB、指導者らが競技を代表し、それぞれの立場から今、世の中に伝えたい“声”を届ける。

 第12回はラグビー元日本代表・大西将太郎氏。07年のワールドカップ(W杯)フランス大会に出場し、ラグビー不遇の時代から競技を支え続け、今は解説者として活動する41歳は、ラグビーという競技が持つ価値がコロナ禍の日本に生きると思いを語った。

 ◇ ◇ ◇

 未知なる感染症と日本が闘う今、「闘う」を体現し続けるラグビーだから、示せる価値がある。

 大西氏が問いかけた。

「ラグビー憲章が定めている『ラグビーの5つの価値』をご存じでしょうか」

 世界のラグビーを統括する団体ワールドラグビーが定める「ラグビー憲章」。その中に5つのフレーズがある。

 情熱、結束、品位、規律、尊重――。

 この言葉を挙げ、大西氏は続ける。

「今、この5つの価値が現代に必要な部分じゃないか。何より大事なことは『規律』です。感染症の対策は原則、個人に任されている。特に、日本はロックダウンをせずに闘っている。だからこそ、規律が未来を切り開く武器になると思う。もう一つ、僕が思うラグビーの一番の良さは『誰かのために』という言葉。今こそ規律をもって、誰かのために行動すれば、それが未来につながる」

 コロナウイルスに打ち勝つ「情熱」、その思いで一つになる「結束」、パニックにならずに落ち着き振る舞う「品格」、多様な価値観を理解し合う「尊重」。そして、これらを着実に実践・遂行する「規律」。ラグビーの5つの価値を「今」に当てはめると、こんな風になるだろうか。

 その上で「One for all, all for one(一人がみんなのために、みんなが一人のために)」というラグビーに根付く精神を、この世の中に重ね合わせた大西氏。かつて日の丸を背負い、世界の大舞台で戦った競技の代表の一人として思いを明かす。

「日常の生活が奪われ、制限され、今は人々が孤立している状態。それは『結束』とはかけ離れているけど、心と心は通じ合い、結束を守らないといけない。それは昨年、流行語にもなり、W杯で僕らが学んだ『ONE TEAM』という意識じゃないか。

 今、世界では『中国のせいだ』と言ったり、『あの人、感染しているんじゃないか』と疑ったり、人間が持つ負の部分がたくさん出ている現状。そこをスポーツが持つ価値から学び、人と人の触れ合いをスポーツで取り返せる日が来てほしい」

 そう価値を唱えたラグビー界も、大きな打撃を受けたことは事実だ。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集