[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【#キミとONETEAM】「夢や目標は自分からつかみにいくもの」―ヒト・コミュニケーションズ サンウルブズ・木村貴大

「ラグビーは勝ち負け以外の部分にたくさんの魅力を持つスポーツです」

 もう一つ、家にいる時間を利用して、今のうちに英語を勉強してほしいと思います。自分が小中学校の時を振り返った時、勉強は一生懸命しましたが、もっと英語の勉強をしておけば、大人になった時にもっと視野が広がったのかなと思います。これから日本だけではなく海外にも活躍の場が広がるでしょう。その時、一つのコミュニケーションツールとして英語が話せると便利だし、国によって文化や価値観が違うので、それまで知らなかったことをたくさん学べます。僕自身、サンウルブズの一員として海外でプレーする機会が増え、英語を通じて海外にたくさん友達を作ることができました。いまもよく連絡を取り合っているんですよ。
 
 僕はラグビーを通じて、たくさんの仲間ができました。ラグビーには勝ち負け以外にも大事なことがたくさんあります。一つのボールを回して、チームみんなでトライにつなぐ。勝つためにチームワークを持って練習する中で感じる仲間の大切さ、喜びや悔しさ、また挑戦したいと思う気持ち。子どもの頃にはわからなかったことですが、ラグビーは勝ち負け以外の部分にたくさんの魅力を持つスポーツです。

 去年、トップチャレンジリーグの豊田自動織機シャトルズをやめて、海外でチャレンジすることにしました。小学生の頃から持つ「日本代表になる」という目標を叶えるためです。これまでも試合に出られずにつらいこともありました。でも、どうやったら日本代表になれるかだけを考えて、試合に出るためには何をすればいいのか考えて、前に進んできました。

 夢や目標は自分からつかみにいくものです。待っていても、向こうからやってきてはくれません。子どもたちにも夢をつかむためにポジティブに、前向きに挑戦を続けてほしいと思います。

【#きょうのトライ「自分の好きなことをノートに書き出してみよう」】

 僕も最近やっていることなんですが、自分の好きなこと、得意なこと、大事にしていることを、何でもいいからノートに書き出してみてください。いま好きな趣味でもスポーツでも、文字を書くことでも感じでも、何でもいいです。全部書いた後で見直してみると、目指したいものや目標にしたいものが見えてくるかもしれませんし、自分の意外な一面が見えるかもしれません。少し違った角度から、自分を見直してみることも大切だと思います。

■木村 貴大(きむら・たかひろ)

 1993年12月9日生まれ、福岡県出身。7歳から福岡の鞘ヶ谷ラグビースクールでラグビーを始め、中学生の時には全国ジュニアラグビーフットボール大会で優勝を飾る。強豪の東福岡高に進むと、全国高校ラグビーフットボール大会で3連覇。高校3年でU-18日本代表に選ばれる。筑波大に進学し、U-20日本代表に選出。2016年に豊田自動織機シャトルズに入団し、トップリーグで3年プレーした後、19年に退団。同年12月にスーパーラグビーのヒト・コミュニケーションズ サンウルブズで練習生になると、20年1月に正スコッドに昇格した。ポジションはスクラムハーフ。

(次回はトヨタ自動車の川西智治さんが登場)

【注目】現役、OB、指導者ら豪華メンバーが連日登場 ラグビー連載「#キミとONETEAM」全一覧はこちらから

(THE ANSWER編集部・佐藤 直子 / Naoko Sato)

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集