[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【#キミとONETEAM】「引きずらず先を見て。ラグビーも“次にどうするか”が大切です」―日野・堀江恭佑

新型コロナウイルスの感染拡大により、昨秋のワールドカップ(W杯)で空前のブームが巻き起こったラグビー界も大きな影響を受けた。1月に開幕したトップリーグがシーズン途中で中止。1試合の観客最多動員を記録する試合も生まれるなど、W杯から続いていた盛り上がりが予期せぬ形で途絶えてしまった。

日本代表キャップ数3のNO.8堀江恭佑さん【写真:本人提供】
日本代表キャップ数3のNO.8堀江恭佑さん【写真:本人提供】

子どもたちともう一度「ONE TEAM」に―「ラグビー選手から午前9時のメッセージ」第17回

 新型コロナウイルスの感染拡大により、昨秋のワールドカップ(W杯)で空前のブームが巻き起こったラグビー界も大きな影響を受けた。1月に開幕したトップリーグがシーズン途中で中止。1試合の観客最多動員を記録する試合も生まれるなど、W杯から続いていた盛り上がりが予期せぬ形で途絶えてしまった。

【注目】現役、OB、指導者ら豪華メンバーが連日登場 ラグビー連載「#キミとONETEAM」全一覧はこちらから

 もっとプレーを見せたかった選手、プレーを見たかった子どもたち。距離が遠くなってしまったいま、「THE ANSWER」はラグビー界がもう一度、子どもたちと一つになれることを願って、「#キミとONE TEAM」と題した連載をお届けしている。

 元日本代表主将の菊谷崇さんと廣瀬俊朗さんが発起人となり、多くの現役、OB、指導者らが賛同。いま抱えている思いとともに、全国の子どもたちに向けたメッセージを送る。また、記事は連日午前9時に配信。「#きょうのトライ」として、学校が休校となっている子どもたちにきょう1日を使い、やってほしいことを提案する。

 第17回は、日本代表キャップ数3のNO.8堀江恭佑さんだ。東京高、明大を経て13年にヤマハ発動機に入団すると、1年目からリーグ新人王に輝くなど活躍。7人制ラグビー代表経験もある男は、今シーズンから日野に移籍した。トップリーグで感じた熱狂を振り返るとともに、子どもたちへメッセージを届けた。

 ◇ ◇ ◇

 昨年のラグビーW杯から、ラグビー熱がかなり高まっているのを感じていました。僕は直接スタジアムに試合を見に行くことが何回かありましたし、パブリックビューイングなども開催していただいていたので、イベントなどにも参加させてもらったりしました。一般の方と一緒になって喜んでいましたね。

 W杯の中でも、開幕のロシア戦は特別だったと思います。僕はテレビで見させてもらったのですが、見ているこちらにもすごい緊張感が伝わってきました。普段はしないようなミスもありながら、しっかり勝ったのは本当にすごいと思いましたね。

 ベスト8を決めたスコットランド戦は、スタジアムで直接見ていました。いままで経験したことのないような雰囲気を体感させてもらいましたね……。勝った瞬間、会場は見たことのないような盛り上がりでしたから。

 W杯が終わって、次はトップリーグ。一番初めの開幕ゲームが僕たち日野とNTTコムの試合だったのですが、お客さんもたくさん来てくれるかなと期待していました。フィールドに出た瞬間、本当にたくさんのお客さんが目に入ってビックリしました。試合には勝てず、結果は出なかったのですが、あれだけのお客さんの中でプレーさせてもらえるのはすごく楽しめました。緊張ももちろんありましたけど、楽しめたという気持ちが大きいですね。

 試合以外でも、ラグビー熱を感じる機会は増えました。これまで、チームのグラウンドに子どもが来ることはあまりなかったのですが、W杯後にはお母さんと子どもが練習を見に来ていたりしていましたね。子どもたちが興味を持ってくれることには、ウェルカムなチームです。グラウンドで子どもと一緒にラグビーボールで遊んだりしましたよ。公園でボールを使って遊んでいる子も見かけるようになりましたし、周りから「ラグビー面白い!」という声をいっぱいいただけました。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集