[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【今、伝えたいこと】 「国難とスポーツの力」 震災を乗り越え、W杯で世界一になった佐々木則夫の願い

震災を乗り越え、なでしこジャパンは世界一に輝いた【写真:Getty Images】
震災を乗り越え、なでしこジャパンは世界一に輝いた【写真:Getty Images】

今、持つべき“第三者への思い”「スポーツが持つ力は、無限のものがある」

 冒頭で「今回と経緯が違うことは承知している」と語った通り、佐々木は「困難を乗り越えた」「逆境で心を一つに」などという言葉ひとつで、当時の体験を今に結び付けようとしているわけではない。

 ただ、スポーツが持つ力を身をもって知っているから、伝えたいことがあるのだ。

「9年前のあの時も、日本全体が元気を持てるような状況ではなかった。そこからスポーツが元気を送ることが日本代表としての使命と感じ、なでしこジャパンが選手、チームで一丸となり、第三者への思いをスポーツから作っていこうと。自分たち自身でモチベーションをしっかりと生み出し、競技に向けてアプローチができた。

 今、こんな大変な世の中で練習をしたくてもできない。大会に出たくても開催されない。それは確かに悲しいことだけど、改めて、そのスポーツを順風満帆にできていたことに感謝し、さらに高みを見てほしい。ここを辛抱し、次にできる時にその思いを表現してほしい。だから、今はパワーを蓄積する時間にしてくれればいい。

 やがて事態が落ち着けば、来年の五輪にかけてスポーツの力が問われる時期がきっと来る。だからこそ、いろんなスポーツからパワーを送れるようになること。それが重要だと思う。大変な時にスポーツの成果、パフォーマンスに助けられた人はこれまでの歴史において数々あるから。それを信じて、いい心構えをしてほしい」

 混沌とした2020年における「第三者」とはすなわち、感染症の蔓延という先の見えない世界にいる国民一人ひとり。だからこそ、アスリートは「誰かのために」の思いを育て、その時に備えてほしいと訴える。

 現在は日本サッカー協会理事を務め、女子プロリーグの設立準備室長の重責を担う61歳。サッカー界にエールも送った。

 1年後に延期された東京五輪について「今回は男子も女子もメダルに手が届く、それだけの素材はしっかり揃っている。そして、日本で開催すること五輪も一生に一度あるかどうか。このチャンスをものにしてほしいし、世の中がこういう状況にあるけど、日本の皆さんにサッカーからパワーを送ってほしい。本当に期待している」と話し、2021年の夏に思いを馳せた。

 今、スポーツは居場所を失いつつある。しかし、その存在が求められる時は必ず来るだろう。佐々木は言う。

「スポーツが持つ力は、無限のものがある」と。

 可能性を信じ、今を耐える。それが、震災を乗り越え、「奇跡」を体験した1人のスポーツ人としての願いだ。

(文中敬称略)

1 2 3 4
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集