[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【#キミとONETEAM】「他のチームもすぐ友達に。それがラグビーの魅力」―元日本代表ホラニ龍コリニアシ

新型コロナウイルスの感染拡大により、昨秋のワールドカップ(W杯)で空前のブームが巻き起こったラグビー界も大きな影響を受けた。1月に開幕したトップリーグがシーズン途中で中止。1試合の観客最多動員を記録する試合も生まれるなど、W杯から続いていた盛り上がりが予期せぬ形で途絶えてしまった。

元日本代表で、現在はパナソニックワイルドナイツのコーチを務めるホラニ龍コリニアシさん【写真:Getty Images】
元日本代表で、現在はパナソニックワイルドナイツのコーチを務めるホラニ龍コリニアシさん【写真:Getty Images】

子どもたちともう一度「ONE TEAM」に―「ラグビー選手から午前9時のメッセージ」第9回

 新型コロナウイルスの感染拡大により、昨秋のワールドカップ(W杯)で空前のブームが巻き起こったラグビー界も大きな影響を受けた。1月に開幕したトップリーグがシーズン途中で中止。1試合の観客最多動員を記録する試合も生まれるなど、W杯から続いていた盛り上がりが予期せぬ形で途絶えてしまった。

【注目】現役、OB、指導者ら豪華メンバーが連日登場 ラグビー連載「#キミとONETEAM」全一覧はこちらから

 もっとプレーを見せたかった選手、プレーを見たかった子どもたち。距離が遠くなってしまったいま、「THE ANSWER」はラグビー界がもう一度、子どもたちと一つになれることを願って、「#キミとONE TEAM」と題した連載をお届けしている。

 元日本代表主将の菊谷崇さんと廣瀬俊朗さんが発起人となり、多くの現役、OB、指導者らが賛同。いま抱えている思いとともに、全国の子どもたちに向けたメッセージを送る。また、記事は連日午前9時に配信。「#きょうのトライ」として、学校が休校となっている子どもたちにきょう1日を使い、やってほしいことを提案する。

 第9回は元日本代表で、現在はパナソニックワイルドナイツのFWコーチを務めるホラニ龍コリニアシさんだ。トンガ出身のホラニさんは、日本でラグビー選手として活躍していた伯父さんに憧れて、日本の高校に留学し、そこで初めてラグビーをプレーした。

 ◇ ◇ ◇

 僕は2019年に現役を引退して、ずっとプレーしていたパナソニックでコーチになりました。今年のトップリーグの盛り上がりはすごくよかったですね。僕が日本に来た頃、ラグビーを始めた頃は、こんなことになるとは想像できませんでした。公園でラグビーをやっている子がいるんですよ。ここまで浸透してきたのかと、うれしい限りです。

 うちのチームには稲垣啓太選手、堀江翔太選手、ヴァル・アサエリ愛選手、坂手淳史選手、福岡堅樹選手、松田力也選手と日本代表が6人いて、いろんなキャラで人気があります。子どもたちもたくさん見に来てくれました。

 シーズンが途中で終わってしまったことは、コーチとしても残念ですが、一番残念に思っているのは選手たちだと思います。準備してきたものをファンに見せられなくなってしまったので。ただ、いまは新型コロナウイルスに感染しないようにすること、感染したことを知らずに他の人にうつさないことが大切なので、なるべく家にいるようにしましょう。

 僕も家で毎日を過ごしています。中学1年、小学3年、小学2年、1歳と、子どもが4人いるので毎日にぎやかです。それぞれ時間割を作って、僕は宿題を手伝ったり一緒に運動したりしていると、あっという間に一日が終わってしまいます。子どもたちはムチャクチャ喜んでくれますが、僕が大変です(笑)。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集