[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

写真大炎上で波紋の“肘打ちポーズ”主審 日本の自動車メーカーのローカル大使に就任

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で、“肘打ちポーズ”写真が流出し物議を醸したジャコ・ペイパー氏。南アフリカ出身のレフェリーは、このほど南アフリカ三菱自動車のローカル大使に就任したという。

ジャコ・ペイパー氏【写真:Getty Images】
ジャコ・ペイパー氏【写真:Getty Images】

ラグビーW杯の準々決勝を裁き、波紋を呼んだペイバー氏が現地でニュースに

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で、“肘打ちポーズ”写真が流出し物議を醸したジャコ・ペイパー氏。南アフリカ出身のレフェリーは、このほど南アフリカ三菱自動車のローカル大使に就任したという。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 ペイパー主審が話題の発端となったのは準々決勝のウェールズ―フランスの一戦だった。フランスのバハマヒナが相手に“顔面肘打ち”を食らわせ、一発退場に。宣告したのがペイパー主審は、試合後にウェールズファンと一緒に“肘打ちポーズ”を決める写真を海外記者が公開。すると不謹慎だと一気に炎上した。

「この写真が彼をラグビーW杯から追い出してくれることを願うばかり」「恥ずべきパフォーマンス」などと波紋を呼び、結果的に準決勝2試合の候補から外れることになった。

 その後はさらなる批判の声や、一方で擁護の意見も上がるなど、騒動となったペイパー氏だったが、南アの自動車専門メディア「AUTOMOTIVE BUSINESS REVIEW」の記事によると「南アフリカ三菱自動車はW杯レフェリーのジャコ・ペイパーがこのチームのローカル大使として、チームの一員になることを発表した」と伝えている。

 さらに今月から「ミツビシのパジェロを運転することとなる」とも付け加えている。

 日本での振る舞いが批判の対象となったペイパー氏だが、日本の自動車メーカーの現地での“顔役”となった。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集