[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本大会成功を支えた他国の国歌斉唱 廣瀬俊朗の目「日本人の気質とうまく融合した」

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は、決勝で南アフリカが32-12でイングランドを破り、史上最多タイとなる3度目の優勝を飾った。9月20日の開幕から続いた44日間の熱戦は幕を下ろした。今大会ではホスト国の日本が躍進。攻撃ラグビーでアイルランド、スコットランドというティア1の強敵を次々に倒し、史上初の8強進出を成し遂げた。また試合以外でも、日本人らしいおもてなしで世界のラグビーファン、メディア、選手たちの心をつかみ、多方面から絶賛を浴びた。

多くのファンに愛され、ラグビーW杯日本大会は大盛り上がりを見せた【写真:荒川祐史】
多くのファンに愛され、ラグビーW杯日本大会は大盛り上がりを見せた【写真:荒川祐史】

元日本代表主将、廣瀬氏が日本大会を総括

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は、決勝で南アフリカが32-12でイングランドを破り、史上最多タイとなる3度目の優勝を飾った。9月20日の開幕から続いた44日間の熱戦は幕を下ろした。今大会ではホスト国の日本が躍進。攻撃ラグビーでアイルランド、スコットランドというティア1の強敵を次々に倒し、史上初の8強進出を成し遂げた。また試合以外でも、日本人らしいおもてなしで世界のラグビーファン、メディア、選手たちの心をつかみ、多方面から絶賛を浴びた。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 大会は大成功に終わったのか。元日本代表主将で、4年前の日本の躍進を“影のリーダー”として支えた廣瀬俊朗氏が今大会を総括。「THE ANSWER」に語ってもらった。

 ◇ ◇ ◇

 南アフリカの優勝は見事でした。自分たちの強みの部分を出してやり切って勝ったと、改めて感じました。相手どうこうよりも、その点を出すことに集中しての勝利でした。準々決勝で日本を破った南アフリカですから、周りでも南アを応援する声もたくさん聞きました。イングランドはエディさんが監督でしたし、日本のファンにとってもいい決勝だったのではないでしょうか。

 日本の快進撃にも改めて触れましょう。4連勝での史上初の8強入りという結果はすごかったです。3年間、サンウルブズとして経験を積めた。そしてテストマッチで強い国と対戦できた。そうしてチーム力が高まり、戦術も固まった。やることが明確になりました。

 選手たちが長い時間を過ごすことで、結束が強くなっていったと感じました。多国籍の選手たちが一つになった。またジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC)は主体性という言葉を重視し、試合中に修正できるようなチームになった。ジェイミーHCが個々を尊重し、選手もそれに応えました。エディーさん(現イングランドHC)が率いた前回のW杯は規律を高め、当時としてはベストを尽くしましたが、そこからまた上のステージに到達したと思います。

 次のヘッドコーチが誰になってくるのか。HCだけでなく、コーチ陣も含めて大事ですが、個人的にはジェイミーが継続して指揮を執り、さらに積み重ねて、強くしていってほしいと願います。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集