[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“メダル拒否”で批判のイングランド選手 決勝で敗戦は「人生で最も辛い経験の一つ」

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は2日、横浜国際総合競技場で決勝が行われ、世界ランク1位のイングランドは同3位の南アフリカに12-32で完敗。2003年大会以来、2度目の優勝はならなかった。試合後のメダル授与式ではイングランドのLOマロ・イトジェらがメダルを拒否。この振る舞いが海外メディアでも報じられるなど、物議を醸しているが、張本人は「これまでの人生の中で最も辛い経験」と振り返っている。英メディアが報じている。

決勝で敗れたイングランド代表マロ・イトジェ【写真:Getty Images】
決勝で敗れたイングランド代表マロ・イトジェ【写真:Getty Images】

LOイトジェはメダル授与を拒否し批判浴びる

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は2日、横浜国際総合競技場で決勝が行われ、世界ランク1位のイングランドは同3位の南アフリカに12-32で完敗。2003年大会以来、2度目の優勝はならなかった。試合後のメダル授与式ではイングランドのLOマロ・イトジェらがメダルを拒否。この振る舞いが海外メディアでも報じられるなど、物議を醸しているが、張本人は「これまでの人生の中で最も辛い経験」と振り返っている。英メディアが報じている。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 下馬評では有利と目されていたが、南アフリカの強固なディフェンスを崩せずノートライで完敗。準優勝に終わり、イングランドの選手たちは試合後、悔しさを隠さなかった。

 表彰式でのメダル授与式では、多くの選手がメダルを首にかけられた直後にすぐに外した。エディ・ジョーンズ・ヘッドコーチ(HC)ですら、ステージから降りる際にはメダルを外していたという。

 中でもLOのマロ・イトジェはワールドラグビー会長のビル・ボーモント氏と握手した後、メダルを首からかけてもらうことを拒否。そのまま手渡しで受け取った。こうした振る舞いは、SNS上で「スポーツマンシップに欠ける行為」などと批判を浴びていた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集