[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

好調イングランドを封じた南アの鉄壁の防御 菊谷崇の目「強化方針の結果が凝縮」

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は2日に横浜国際総合競技場で決勝が行われ、南アフリカが32-12でイングランドを下し、史上最多タイとなる3度目の優勝を飾った。

史上最多タイ3度目の頂点に立った南アフリカ【写真:荒川祐史】
史上最多タイ3度目の頂点に立った南アフリカ【写真:荒川祐史】

決勝トーナメント3試合で南アフリカが許したトライは1つだけ

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は2日に横浜国際総合競技場で決勝が行われ、南アフリカが32-12でイングランドを下し、史上最多タイとなる3度目の優勝を飾った。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 フィジカルの強さで勝った南アフリカが主導権を握る中、前半は互いにペナルティーゴール(PG)で着実に得点を重ねる展開。イングランドにゴールライン直前まで攻め込まれた南アフリカが、鉄壁のディフェンスで凌ぎきり、スタンドを埋める7万103人の観客が大いに沸く場面もあった。だが、後半に南アフリカの11番WTBマピンピがトライを決めると、続いて14番WTBのコルビも俊足を生かしてトライ。終わってみれば、20点差のつく結果となった。

 9月20日の開幕から続いた44日間の熱戦の日々を締めくくった決勝戦を、元日本代表主将で2011年W杯に出場した菊谷崇氏はどう見たのか。「THE ANSWER」に語ってくれた。

 ◇ ◇ ◇

 決勝もまたいい試合になりましたね。どちらのチームもなかなかトライが取れず、このままペナルティー合戦になるかと思ったところで、南アフリカは相手の隙を狙って2トライを奪いました。素晴らしい攻防でしたが、トライが出ないと少し寂しい。そんな中で南アフリカの強さが光りました。

 イングランドは前半開始2分で、3番PRのシンクラーを脳震とうで欠いてしまった。この予定外の早過ぎる交代は痛かったですね。スクラムなどセットプレーで南アフリカに主導権を握られ、自分たちのラグビーをさせてもらえなかった。シンクラーに代わって入ったベテランPRのダン・コールも頑張りましたが、PRはとてもハードなポジション。ましてや決勝でプレッシャーの大きな試合を1人で80分間プレーし続けるのは、正直なところ無理です。そこをコールはほぼ80分プレーし続けた。最後は本当にキツかったと思います。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集