[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本は「強くなる」 エディーHCが“第二の故郷”へメッセージ「若い子がラグビーを…」

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は2日、横浜国際総合競技場で決勝が行われ、世界ランク1位のイングランドが同3位の南アフリカと激突。2003年大会以来、2度目の優勝を目指したイングランドはスクラムで押され、勝負所でのペナルティも響き、12-32で完敗を喫した。

エディー・ジョーンズHC率いるイングランドは優勝ならず【写真:荒川祐史】
エディー・ジョーンズHC率いるイングランドは優勝ならず【写真:荒川祐史】

エディーHCは日本大会の運営を絶賛「素晴らしい大会だった」

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は2日、横浜国際総合競技場で決勝が行われ、世界ランク1位のイングランドが同3位の南アフリカと激突。2003年大会以来、2度目の優勝を目指したイングランドはスクラムで押され、勝負所でのペナルティも響き、12-32で完敗を喫した。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 準決勝では3連覇を狙ったニュージーランドを撃破。下馬評では決勝も有利と目されていたが、南アの強力なスクラムに押され、鉄壁の守備に前進を阻まれた。前回大会は日本を率いて南アを撃破したエディーHC。指揮官としては3度目のW杯でも悲願はかなえられなかったが、試合後の記者会見で素直に相手を称えた。

「南アフリカはとてもいいプレーをしたし勝者にふさわしい。今日は彼らにかなわなかったし、残念なことに試合に入れなかった。チャンスがあった時もそれをものにしなかった。今日は南アフリカの方がいい日だったので彼らが勝者にふさわしい」

 第二の故郷、日本での決勝だった。母は日系米国人、妻は日本人。オーストラリアのタスマニア州バーニー出身だが、指導者としての原点は日本だった。32歳での現役引退後、1996年に東海大監督に就任し、指導者の道を歩み始めた。

 09年から日本のトップリーグ・サントリーでGM、監督を務めると、12年から日本代表を率いた。厳しい練習で哲学を植え付け、2015年大会では“ブライトンの奇跡”を起こすなど3勝。今大会8強入りした日本代表の礎はエディーHCが築いた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集