[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

就任から618日でW杯優勝へ 南アフリカ、エラスムスHCに学ぶ人心掌握術とは

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は2日、横浜国際総合競技場で決勝を行い、南アフリカがイングランドを32-12で下し、史上最多タイとなる3度目の優勝を飾った。チームを2007年以来12年ぶりの頂点に導いたラッシー・エラスムスヘッドコーチ(HC)が就任したのは、2018年3月のこと。わずか1年8か月ほどの期間で結果を出したエラスムスHCは、どうやって勝てるチームを作ったのか。HC自身、そして南アフリカ代表選手らの声に耳を傾けてみると、いくつかの“ポイント”が浮かび上がってきた。

エラスマスHC【写真:荒川祐史】
エラスマスHC【写真:荒川祐史】

2年足らずの短期間でチームをまとめ、目標達成に成功

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は2日、横浜国際総合競技場で決勝を行い、南アフリカがイングランドを32-12で下し、史上最多タイとなる3度目の優勝を飾った。チームを2007年以来12年ぶりの頂点に導いたラシー・エラスムスヘッドコーチ(HC)が就任したのは、2018年3月のこと。わずか1年8か月ほどの期間で結果を出したエラスムスHCは、どうやって勝てるチームを作ったのか。HC自身、そして南アフリカ代表選手らの声に耳を傾けてみると、いくつかの“ポイント”が浮かび上がってきた。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 まず1つ目は「目標達成のプランを明確に打ち立てること」だ。エラスムスHCは「私がチームを引き受けた時、W杯まであと618日だった。そこでW杯に勝つためのプランを立てたんだ」と振り返る。勝つためには何をどうするべきなのか。目指すゴールと現在取り組むべきことの相関性がはっきりすればするほど、選手やスタッフは同じ方向に視線を合わせることができる。

 また、限られた時間を最大限に生かすため「小さな目標をたくさん立てた」(同HC)とも言う。W杯優勝という大きな目標に向かって進む中で、小さな目標をクリアしながら成功体験を積み重ねていく。主将のシヤ・コリシは「私たちは互いを信頼しなければならなかったし、HCのプランを信じるしかなかった」と話すが、信頼を深める意味でも小さな目標達成を繰り返すことは有効だ。

 エラスムスHCは選手・チームに対し「いかに優れているのか繰り返し言い聞かせてくれた」とコリシは続ける。長所を褒めて伸ばすことで、選手は自信を持ち、よりいいプレーができるようになるというわけだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集