[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

南アフリカV、黒人初の主将コリシは涙「団結すれば素晴らしい目標達成できると証明」

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は2日、横浜国際総合競技場で決勝が行われ、世界ランク3位の南アフリカが同1位のイングランドを32-12で下し、3大会ぶり3度目の優勝を達成した。プレースキッカーを務めるSOハンドレ・ポラードがロングキックを次々と決める“神の足”を披露。7万103人の観客が見守る中、史上最多タイとなる3度目の栄冠を掴んだ。

南アフリカが3度目の優勝【写真:荒川祐史】
南アフリカが3度目の優勝【写真:荒川祐史】

試合中に涙「我々は多くの問題があるが、素晴らしいチームできた」

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は2日、横浜国際総合競技場で決勝が行われ、世界ランク3位の南アフリカが同1位のイングランドを32-12で下し、3大会ぶり3度目の優勝を達成した。プレースキッカーを務めるSOハンドレ・ポラードがロングキックを次々と決める“神の足”を披露。7万103人の観客が見守る中、史上最多タイとなる3度目の栄冠を掴んだ。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 世界のラグビーファンが見守る中、頂点に立ったのは南アフリカだった。前半10分にポラードがペナルティーゴール(GP)を決めると、前半だけで3本に成功。後半も次々とロングキックを決め、得点を加算した。2トライも含め、チームは32-12でイングランドを圧倒。終了目前から途中交代で退いていた主将コリシは嬉し涙を流した。人種問題など様々な課題を抱えたチームで浸った歓喜だ。

 南アフリカで黒人初の主将を務めたコリシは試合後、ホイッスルの瞬間の気持ちを問われ「非常に感謝の気持ちが沸いた。いろんな課題、チャレンジがあった中で南アの国民みんなが応援してくれた」と感謝。「我々は多くの問題があるが、素晴らしいチームできた。みんな違うバックグラウンドから集っているが、団結すれば、素晴らしい目標を達成できると証明できた」と語った。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集