[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

南アフリカがイングランドに12-6で前半リード ポラードがPG4本成功、3度目Vへ前進

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は2日、横浜国際総合競技場で決勝が行われ、世界ランク1位のイングランドが同2位の南アフリカと激突。前半は南アフリカが12-6とリードを奪って、折り返した。

決勝はイングランドと南アフリカが激突【写真:荒川祐史】
決勝はイングランドと南アフリカが激突【写真:荒川祐史】

イングランド―南アフリカの決勝は2007年以来

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は2日、横浜国際総合競技場で決勝が行われ、世界ランク1位のイングランドが同2位の南アフリカと激突。前半は南アフリカが12-6とリードを奪って、折り返した。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 44日間に渡る熱戦もいよいよフィナーレを迎えた。2003年大会以来、2度目の優勝を目指すイングランドは「死のC組」といわれた1次リーグで3勝1分け(中止による引き分け扱い)と無敗で1位通過。準々決勝でオーストラリアに40-16で快勝すると、“事実上の決勝”ともいわれた準決勝ニュージーランド戦も19-7で勝利。王者の3連覇を阻止し、2度目の優勝に王手をかけた。

 一方の南アフリカは1次リーグを2位で通過すると、準々決勝では日本を撃破。準決勝ではウェールズを19-16で破り、3度目の決勝進出を果たした。

 安倍首相や、英国王室のヘンリー王子らも観戦する中で、まずチャンスを得たのは2007年大会以来、3大会ぶりの優勝を目指す南アフリカだ。前半2分に相手のペナルティでショットを選択。敵陣10メートルからのPGをSOポラードが狙ったが、これは右に外れる。それでも9分に得た正面でのPGはSOポラードがしっかりと決めて3点を先行した。

 イングランドも反撃。20分には波状攻撃からペナルティを誘い、敵陣22メートルでのPGをCTBファレルが成功させ、3-3と試合を振り出しに戻した。

 主導権を奪われたくない南アフリカ。25分にポラードがこの日2本目となるPGを成功させ、6-3と再びリードを奪う。

 イングランドは30分、ラインアウトからボールをキープし波状攻撃を開始。フェーズを重ねるが、南アフリカも鉄壁のディフェンスで何度も跳ね返す。それでもペナルティで得たPGをファレルが成功させて、6-6と追いついた。

 南アフリカはその直後に再びポラードがPGを決め、9-6とリードを広げた。前半終了間際にも、ポラードがペナルティゴールを決めて12-6として前半を終えた。

 南アフリカとイングランドが決勝で激突するのは2007年以来、当時は南アフリカが15-6でイングランドを下している。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集