[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

フィジカルとスキルが前面に出た3位決定戦 菊谷崇の目「いちファンとして楽しんだ」

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は1日、東京スタジアムで3位決定戦が行われ、ニュージーランドは40-17でウェールズを下し、3大会ぶりに3位となった。今大会を最後にスティーブ・ハンセン(ニュージーランド)とウォーレン・ガットランド(ウェールズ)の両ヘッドコーチが勇退を表明している中、その有終の美を飾るべく、両チームは激しい試合展開で魅せた。

ウェールズを下して3位となったニュージーランド【写真:石倉愛子】
ウェールズを下して3位となったニュージーランド【写真:石倉愛子】

「ここまでのW杯の試合とは一味違う、見ていて楽しい試合に」

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は1日、東京スタジアムで3位決定戦が行われ、ニュージーランドは40-17でウェールズを下し、3大会ぶりに3位となった。今大会を最後にスティーブ・ハンセン(ニュージーランド)とウォーレン・ガットランド(ウェールズ)の両ヘッドコーチが勇退を表明している中、その有終の美を飾るべく、両チームは激しい試合展開で魅せた。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 ニュージーランドは前半開始早々に2トライを決めると、30分過ぎからベテランWTBベン・スミスが連続で2トライ。前半から4トライを奪う勢いを見せると、ウェールズも負けじと10点を挙げ、一時は4点差まで詰め寄った。だが、ニュージーランドは後半も2トライを加え、40-17で勝利。試合後、グラウンドでは両チームの選手がゆっくりと時間を掛けながら、笑顔で互いの健闘を称えるノーサイドの精神を象徴するようなシーンも見られた。

 この3位決定戦を、元日本代表主将で2011年W杯に出場した菊谷崇氏はどう見たのか。「THE ANSWER」に語ってくれた。

 ◇ ◇ ◇

 3位決定戦は、ここまでのW杯の試合とは一味違う、見ていて楽しい試合になりました。正直なところ、ニュージーランドもウェールズも準決勝では揃って悔しい負け方をしたので、3位決定戦にモチベーションを上げられるのか心配でしたが、取り越し苦労でした(笑)。両国とも自分たちのラグビーを楽しんでいましたね。

 もちろん、3位入賞と銅メダルはかかっていましたが、これがラストの試合で次はない。1次ラウンドと違ってボーナスポイントを気にする必要もない。お互いにエリアマネジメントを気にしたり、システムの中でアタックを形成したりするのではなく、フィジカルで押しまくっていました。とりあえず攻める。そんな姿勢が80分間ずっと出ていました。例えば、ラインアウトやスクラムも、決してクオリティーは高くなかったと思います。きれいにボールをデリバリーするのではなく、ファンブルしてもボールをいかに10番(SO)や12番(CTB)に繋いで攻撃に移すか。とにかく前に前に攻める姿勢は、3位決定戦ならではの面白さなのかもしれません。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集