[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「日本人は今、ラグビーを愛してる」 エディーHC、古巣のラグビー人気沸騰に感慨

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は今日2日の南アフリカ―イングランドの決勝でフィナーレを迎える。15年大会で日本を率いたイングランドのエディ・ジョーンズヘッドコーチ(HC)は4年前と現在のラグビー人気を比較し、「壮観だ」「ラグビーファンじゃなかった人も好きになった」と感慨深げに語っている。英公共放送「BBC」が報じている。

イングランドを率いるエディー・ジョーンズHC【写真:荒川祐史】
イングランドを率いるエディー・ジョーンズHC【写真:荒川祐史】

4年間の変化を比較「日本ラグビーの隆盛を見れば、それは壮観だ」

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は今日2日の南アフリカ―イングランドの決勝でフィナーレを迎える。15年大会で日本を率いたイングランドのエディ・ジョーンズヘッドコーチ(HC)は4年前と現在のラグビー人気を比較し、「壮観だ」「ラグビーファンじゃなかった人も好きになった」と感慨深げに語っている。英公共放送「BBC」が報じている。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 4年に一度の頂上決戦を前にイングランドもラグビーフィーバーが巻き起こっている。記事によると、エディーHCは「ちょっとしたラグビーフィーバーが起こっているね。しばらくの間、国民の自分たちに対する認識を変える。それは至高の喜びだ」と語ったという。

 03年大会以来の優勝を目指し、無敗で決勝まで駆け上がってきた。準決勝は3連覇を狙ったニュージーランドと対戦。試合前の相手の「ハカ」にV字隊列で対抗し、精神的な優位性を手にすると、開始96秒のノーホイッスルトライに成功する“奇襲”で世界を驚かせた。

 前回、イングランド大会は日本代表を率いたエディーHC。「史上最大の番狂わせ」と呼ばれた南アフリカ撃破で「ブライトンの奇跡」と語り継がれる伝説を残した。今大会は史上初の8強に進出した“古巣”を4年前と比較すると、名将には感じたことがあるという。
 
「日本を振り返ってみる。我々が4年前に成し遂げた地点から日本ラグビーの隆盛を見れば、それは壮観だ。日本の人々は今、ラグビーを愛している。彼らは以前、そうではなかった。ラグビーのプレーを通じて、人々の生活を変えるチャンスがあるんだ。それは贈り物だ。母親が子供に言う、ラグビーをプレーしなさいと。次なるカイル・シンクラーやエリス・ゲンジになりなさいとね」

 サッカー、クリケットの人気も高いイングランドで社会全体、そして、母親や子供たちのラグビーマインドも変えたい――。4年間で変わった日本からインスパイアを受けた名将エディーは、使命感を胸に決勝の舞台を迎える。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集