[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「未来は間違いなく明るい」 3位決定戦で敗れてもなおウェールズが感じた手応え

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は1日、東京スタジアムで3位決定戦が行われ、ウェールズは17-40でニュージーランドに敗れた。1987年の第1回大会以来の3位を狙ったが、ニュージーランドの壁は崩せなかった。この日、1トライを決めたウェールズのFBハラム・エーモスは「望んでいた結果ではない」としながらも、個人としてもチームとしても、未来に繋がる手応えを得たようだった。

ウェールズは4位で大会を終えた【写真:荒川祐史】
ウェールズは4位で大会を終えた【写真:荒川祐史】

2試合目の出場で今大会初トライの25歳エーモス「経験を必ず自分の成長に繋げて…」

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は1日、東京スタジアムで3位決定戦が行われ、ウェールズは17-40でニュージーランドに敗れた。1987年の第1回大会以来の3位を狙ったが、ニュージーランドの壁は崩せなかった。この日、1トライを決めたウェールズのFBハラム・エーモスは「望んでいた結果ではない」としながらも、個人としてもチームとしても、未来に繋がる手応えを得たようだった。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 試合後のミックスゾーンに姿を現したエーモスは、今大会全ての戦いを終えて、いっそ晴れ晴れとした表情を浮かべていた。チームは準決勝の南アフリカ戦でWTBジョージ・ノースが足の肉離れで途中交代するなど怪我人が続出。今大会2度目の出場となったエーモスは、貴重なチャンスを逃さなかった。

 オールブラックスに前半開始早々、2トライを献上し、14点を追うウェールズだったが、18分に敵陣でパスを受けたエーモスが相手DFをかわしながらゴール左へトライ。SOリス・パッチェルのコンバージョンも決まり、1トライ1ゴール差とした。前半を終えて10-28。「まあまあだったけれど、特にオールブラックスのように質の高いチームが相手だと、突き放される可能性がある」。結果としては、突き放される形となったが、ボール支配率は61パーセント、ターンオーバーを許したのは8回と、いずれもニュージーランドを上回る成績で、たびたび敵陣深くまで攻め込んだ。

 この試合を最後に、12年の代表ヘッドコーチ(HC)職から退いたウォーレン・ガットランドHCは、試合前に「僕らのアイデンティティーは諦めない精神だ、って思い出させてくれたんだ」とエーモスは振り返る。南アフリカと戦った準決勝から中4日での3位決定戦。かつ怪我人が続く中でベストメンバーを揃えられずに迎えた試合だったが、ノーサイドのホイッスルが鳴るまで戦い続けた。

 その象徴的な存在が、ベテランLOアルンウィン・ジョーンズ主将だ。25歳のエーモスにとって、ジョーンズ主将はまさにウェールズ代表の象徴。「決して手を抜くことなく、最後までボールを追いかける姿。あれ以上のお手本はいない。代表チームにとって、彼の存在が与える意義はとてつもなく大きい」とリスペクトする。エーモスも今大会はノンメンバーとなることもあり、調整が難しい部分もあった。それでも敬愛するジョーンズ主将の日々努力する姿を見て「自分もいつ声が掛かってもいいように万全の状態をキープしていたんだ」と胸を張った。

 ウェールズ代表にはエーモスの他にも、今大会最多タイの7トライを誇る24歳のWTBジョシュ・アダムズら、次回2023年のW杯出場を狙える若手選手が多い。「この大会で得た経験は必ず自分の成長に繋げて、次の大会で優勝を狙いたい。ウェールズの未来は間違いなく明るい」と自信を深めたエーモス。4年後、ウェールズがどんな進化を遂げているのか楽しみだ、

(THE ANSWER編集部・佐藤 直子 / Naoko Sato)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集