[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

WR年間最優秀トライ賞の最終4候補発表 3トライはラグビーW杯から選出

国際統轄団体ワールドラグビー(WR)は11月3日、東京でワールドラグビーアワードを開催する。ここでは男女の年間最優秀選手賞をはじめ、今季ラグビー界の各賞の受賞者が発表されるが、それに先駆け、最優秀トライ賞の最終候補4トライが発表された。そのうち4トライのうち3つは、ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で記録されたものだった。

ラグビー南アフリカ代表のコブス・レーナック【写真:Getty Images】
ラグビー南アフリカ代表のコブス・レーナック【写真:Getty Images】

11月3日に東京で開催される「ワールドラグビーアワード」で発表

 国際統轄団体ワールドラグビー(WR)は11月3日、東京でワールドラグビーアワードを開催する。ここでは男女の年間最優秀選手賞をはじめ、今季ラグビー界の各賞の受賞者が発表されるが、それに先駆け、最優秀トライ賞の最終候補4トライが発表された。そのうち4トライのうち3つは、ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で記録されたものだった。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 1つ目は、フランス代表FLシャルル・オリボンが10月20日、W杯準々決勝・ウェールズ戦で決めたトライだ。フランスは前半5分に先制トライを奪うと、その直後の8分にオリボンが見せた。自陣でのラックからパスを受けたCTBバカタワが抜け出すと、フランス代表はパスで繋ぎ、最後はSHデュポンが敵DFを十分に引きつけてから、右へ走り込んできたオリボンにパス。DFを振り切ってゴールポスト下にトライを決めた。

 2つ目は、ニュージーランド代表のTJ・ペレナラが10月6日、W杯プール戦のナミビア戦で決めたものだった。通常、本来のポジションはSHだが、この日ペレナラはSOとして途中出場。自陣でのラインアウトから繋がったパスを受けると、華麗なステップで相手DFをかわして一気に敵陣へ突入する。ボールを受けたWTBブリッジがラックを作ると、CTBイオアネがボールをピックしてSHウェーバーへ。ここでウェーバーが見事な背面パスでペレナラに繋ぎ、ゴール左隅に飛び込むトライとした。

 3つ目は、南アフリカ代表SHのコブス・レーナックが決めたトライだ。10月8日、W杯プール戦のカナダ戦で南アフリカは圧倒的強さを見せた。12-0とリードする前半10分、レーナックはこの日1つ目のトライを決めると、続く18分にもトライ。さらに21分、WTBジェラントが自陣から右サイド付近を疾走して敵陣へ攻め込むと、デアレンデ、レーナックと左に繋いでトライ。レーナックは試合開始21分でハットトリックを達成した。

 そして、今回のW杯以外で唯一選ばれたのは、8月17日に行われたロシアとのテストマッチで、イタリア代表主将のセルジオ・パリセが決めたトライだ。自陣でのラインアウトでジャンパーだったパリセは、ボールを確実にSHテバルディに繋ぐと、BK陣がつないで一気に敵陣へ。再びテバルディにボールが渡ると右に走り込んできたパリセにパスし、見事トライを決めた。

 元ニュージーランド代表主将のフィアオ・ファアマウシリと元南アフリカ代表のブライアン・ハバナという2人のW杯優勝経験者を含む選考パネルは、どのトライを選ぶのか。11月3日のワールドラグビーアワードで発表される。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集