[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「この顔が物語っている…」 落胆のウェールズ主将が消え入りそうな声で呟いた理由

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は27日、横浜国際総合競技場で準決勝の第2試合を行い、世界ランク3位のウェールズと同4位の南アフリカが激突。決勝初進出を目指したウェールズは16-19と惜敗した。残り4分までは同点の展開も、1つのペナルティーゴール(PG)が命運を分けた。試合後、ヘッドコーチ(HC)とともに記者会見場に姿を現したウェールズ主将ジョーンズは、魂が抜けてしまったかのように、うつろな目で宙を見つめるしかなかった。

ジョーンズ主将【写真:石倉愛子】
ジョーンズ主将【写真:石倉愛子】

直近テストマッチでは4連勝と手応え掴むが本番で生かせず

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は27日、横浜国際総合競技場で準決勝の第2試合を行い、世界ランク3位のウェールズと同4位の南アフリカが激突。決勝初進出を目指したウェールズは16-19と惜敗した。残り4分までは同点の展開も、1つのペナルティーゴール(PG)が命運を分けた。試合後、ヘッドコーチ(HC)とともに記者会見場に姿を現したウェールズ主将ジョーンズは、魂が抜けてしまったかのように、うつろな目で宙を見つめるしかなかった。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 消耗戦だった。ともにキックを主体としたゲーム展開となったこの日。前半から互いに一歩も譲らぬシーソーゲームとなった。派手さこそないが、互いに自陣22メートル内にはなかなか踏み込ませず。前半を終えて6-9と3点を追うウェールズは、後半開始まもなく同点に追いついた。トライを許して7点差をつけられても、敵陣ゴール前で執拗なラック攻撃を続けてペナルティーを得て、迷わずスクラムを選択。WTBアダムスが今大会最多となる6個目のトライを左隅に決めると、コンバージョンも決まって再び同点となった。結局、残り4分でPGを決められて試合終了。ジョーンズ主将は「接戦になればなるほど消耗戦になる。それでも、最後の最後まで諦めなかった。チェスのような試合展開で、我々がわずかに及ばなかった」と、今にも泣き出しそうな声で語った。

 この日がW杯では3度目の対戦。最近4度のテストマッチでは、南アフリカを相手に4連勝中だった。ウェールズにとっては初の決勝進出がかかり、もし勝ち進めばイングランドとの北半球決戦。テストマッチで確かな手応えを感じていたが、本番のW杯では3戦全敗という記録。しかも、わずか3点差だ。手の届く点差だっただけに、心にポッカリと穴が空いた虚無感に襲われたのかもしれない。記者会見で「今の心境は?」と問われると、ジョーンズ主将は呆然とした意識をかき集めながら、消え入りそうな声で「この顔が物語っているだろう。傷ついたし、ガッカリした」と答えるのが精一杯だった。

 隣に座るガットランドHCは「選手は本当によくやってくれた。決して太刀打ちできなかったわけじゃない」と選手の努力を称えたが、ジョーンズ主将の表情は変わらず。「まだ少しは歴史を変えるチャンスはある」という言葉が空しく響いた。

(THE ANSWER編集部・佐藤 直子 / Naoko Sato)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集