[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

南アが“キックの精度”で勝利 SOポラードが決勝PG含め4本全成功「最後までヒヤヒヤ」

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は27日、横浜国際総合競技場で準決勝の第2試合を行い、世界ランク3位のウェールズと同4位の南アフリカが激突。南アフリカが19-16で接戦を制し、2007年以来3度目の決勝進出を果たした。SOポラードは4本のペナルティーゴール(PG)と1本のコンバージョンをすべて成功させ、プレーヤー・オブ・ザ・マッチに選ばれた。

ポラードはPGをことごとく成功させた【写真:石倉愛子】
ポラードはPGをことごとく成功させた【写真:石倉愛子】

コンバージョンを含め“神の右足”がゴールキック5本を全て成功

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は27日、横浜国際総合競技場で準決勝の第2試合を行い、世界ランク3位のウェールズと同4位の南アフリカが激突。南アフリカが19-16で接戦を制し、2007年以来3度目の決勝進出を果たした。SOポラードは4本のペナルティーゴール(PG)と1本のコンバージョンをすべて成功させ、プレーヤー・オブ・ザ・マッチに選ばれた。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 ポラードは14分の先制PGを含め、前半に3本のPGに成功。後半11分に味方のトライで得たコンバージョンも成功させると、最大の見せ場は同点で迎えた35分だ。左サイドの決して簡単ではない角度から放ったPGが見事に成功。結果的にこれが決勝ゴールとなり、“神の右足”が3大会ぶり決勝を呼び込んだ。

 殊勲のイケメンSOは試合後、どの時点で勝利を確信したか問われ、「全然できなかった。最後までヒヤヒヤしていたよ」と汗をぬぐった。「ウェールズも素晴らしかった。今夜は流れがあっちに来たり、こっちに来たりの展開だったが、勝つことができて幸せだよ」と笑みをこぼした。“キックの精度”で掴んだ14得点がチームに大きな1勝をもたらした。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集