[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

イングランドが示した王者攻略の鍵 菊谷崇の目「いい手本となる試合。勉強になった」

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は26日、横浜国際総合競技場で準決勝の第1試合が行われ、ラグビーの母国・イングランドが2連覇中だった王者・ニュージーランドに19-7で勝利した。元日本代表主将で2011年W杯に出場した菊谷崇氏はどう見たのか。「THE ANSWER」に語ってくれた。

イングランドがニュージーランドを相手に歴史的な勝利を飾った【写真:荒川祐史】
イングランドがニュージーランドを相手に歴史的な勝利を飾った【写真:荒川祐史】

エディーHCのプランニング力を絶賛「勝つべくして勝った」

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は26日、横浜国際総合競技場で準決勝の第1試合が行われ、ラグビーの母国・イングランドが2連覇中だった王者・ニュージーランドに19-7で勝利した。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 試合前から「ハカ」VS「V字」の陣形バトルを展開した両チーム。“事実上の決勝戦”という声も上がる好カードは、キックオフ直後からイングランドが主導権を握った。開始1分36秒で先制トライを奪うと、ペナルティーゴールも決め、前半を10-0で折り返す。後半は自軍のラインアウトミスを突かれてトライを許したが、オールブラックスの形でプレーをさせず。フォードが3本のペナルティーゴールを確実に決め、19-7とリードを広げ、試合終了のホイッスルを聞いた。

 W杯での対戦では過去3勝全敗、テストマッチの通算成績でも7勝33敗1分けと、圧倒的に相性の悪かったニュージーランドに歴史的勝利を飾ったイングランド。この日は全く隙を見せないラグビーを展開していたが、元日本代表主将で2011年W杯に出場した菊谷崇氏はどう見たのか。「THE ANSWER」に語ってくれた。

 ◇ ◇ ◇

 いやぁ、素晴らしい試合でした。これが決勝戦でもおかしくない、そんなクオリティーの高い戦いでしたね。エディーさんはこの日のために2年半かけて準備したと言っていましたが、その間、代表メンバーはほぼ替えずに徹底的に戦術を叩き込んだ。イングランドが誇るパワーのFWと展開力のあるBKを、若いニュージーランドは止めることができませんでした。この試合のポイントは、準備と経験の違いにあったように思います。

 イングランドは出だしからプレッシャーをかけ、1分36秒には先制トライ。ここからすでに準備の違いが見えていました。イングランドは前に出るディフェンスでプレッシャーをかけ、オールブラックスが外にボールを展開できないようにした。外にボールを持っていかれても、前でプレッシャーをかけることは止めずに、FWを動けないようにしていた。ノット・リリース・ザ・ボールを何度も取られたり、ラインアウトでも押し出されたり、今まで見たことのないオールブラックスの姿がありました。

 正直なところ、イングランドは80分間でどこまでプレッシャーを掛け続けられるのかという疑問が頭をよぎりましたが、エディーさんが見せた選手交代のタイミングは絶妙でした。その甲斐もあって、最後まで運動量が落ちることなく80分間戦い抜いた。エディーさんはこういったプランニングに長けている優秀なHC。勝つべくして勝った試合でした。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集