[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

敗退NZ、勝者イングランドとの“世界1、2位の花道”に海外喝采「これは素晴らしい」

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は26日の準決勝で世界ランク2位のイングランドが同1位のニュージーランドを19-7で下し、決勝進出を決めた。ファイナル進出をかけ、激しくぶつかり合った世界1、2位の両者。しかし、試合後は互いに“ノーサイドの花道”を作り、健闘を称え合った。実際のシーンを大会が動画付きで公開し、「これは素晴らしい」「これがラグビーだ」などと喝采が起こっている。

試合後に健闘を称えあう両国選手たち【写真:荒川祐史】
試合後に健闘を称えあう両国選手たち【写真:荒川祐史】

互いに花道を作って健闘を称え合う、大会公式「2つの偉大なチームが大きな敬意」

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は26日の準決勝で世界ランク2位のイングランドが同1位のニュージーランドを19-7で下し、決勝進出を決めた。ファイナル進出をかけ、激しくぶつかり合った世界1、2位の両者。しかし、試合後は互いに“ノーサイドの花道”を作り、健闘を称え合った。実際のシーンを大会が動画付きで公開し、「これは素晴らしい」「これがラグビーだ」などと喝采が起こっている。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 紳士たる姿勢も世界1、2位決戦に相応しかった。決勝をかけた試合はくっきりと明暗が分かれた。イングランドが会心の戦いぶりでファイナル進出。史上初の3連覇を狙ったオールブラックスが散った。しかし、だ。試合後のピッチの花道付近に白のジャージが2列に分かれた。そこに黒のジャージが吸い込まれるように通っていく。

 勝ったイングランドが負けたオールブラックスを称え、拍手で迎え入れる。選手が全員通ると、今度はオールブラックスがお返しだ。通り抜けた選手が同じように2列に分かれ、イングランドの選手を迎え入れる。この時ばかりは敗退の悔しさを押し殺し、勝者を称える。6万を超える観衆からも拍手が降り注ぎ、温かい空気に包まれていた。

 今大会何度となくみられていたシーン。しかし、決勝をかけた世界1、2位同士がやるとなると、また格別だ。大会公式インスタグラムは「タフな80分間を終えた後、2つの偉大なチームによって大きな敬意が示された」と記し、実際のシーンを動画付きで公開。すると、多くの海外ファンからコメント欄に反響が寄せられている。

「オールブラックス。常に敬意を持っている」「これは素晴らしい」「これこそがラグビー」「ラグビー大好き」「オールブラックスのファンだけど、イングランドはよくやったと思う」「おめでとうイングランド、ニュージーランドにはより強くなって帰ってきてほしい」「これがラグビー。常にリスペクト!!!」などの声が続々届いていた。

 試合前はオールブラックスが演じるハカに対し、イングランドが「V字」の陣形で接近するという奇襲も仕掛けた一戦。試合も激しくぶつかり合ったが、終わればノーサイドの精神を発揮。多くのファンの称賛の的になっていた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集