[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

NZ撃破のイングランド、若きスターが明かす熱い思い「この瞬間のためにラグビーを」

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は26日、横浜国際総合競技場で準決勝が行われ、世界ランク2位のイングランドが同1位のニュージーランドを19-7で破り、決勝進出を決めた。この試合で3度ターンオーバーを奪い、ラインアウトで7度キャッチに成功したLOマロ・イトジェがプレーヤー・オブ・ザ・マッチに輝いた。24歳の若きスターは試合後、ミックスゾーンで「今日の結果には本当に本当にハッピーな気分。この瞬間のためにラグビーを続けてきたんだ」と誇らしげに笑顔を浮かべた。

イングランドがニュージーランドに勝利し決勝進出【写真:荒川祐史】
イングランドがニュージーランドに勝利し決勝進出【写真:荒川祐史】

最優秀選手賞のイトジェ、ハカ対抗V字陣形は「ボスの承認が必要だったはず」

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は26日、横浜国際総合競技場で準決勝が行われ、世界ランク2位のイングランドが同1位のニュージーランドを19-7で破り、決勝進出を決めた。この試合で3度ターンオーバーを奪い、ラインアウトで7度キャッチに成功したLOマロ・イトジェがプレーヤー・オブ・ザ・マッチに輝いた。24歳の若きスターは試合後、ミックスゾーンで「今日の結果には本当に本当にハッピーな気分。この瞬間のためにラグビーを続けてきたんだ」と誇らしげに笑顔を浮かべた。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 これまでW杯ではニュージーランドに3戦全敗だったイングランドだが、この日はキックオフ直後から主導権を握り、最後まで相手にペースを掴ませなかった。そのカギとなったのが、ラインアウトやスクラムなどのセットピースで見せた圧倒的な強さ。ラインアウトではジャンパーとして7度ボールをキャッチしたイトジェは、「ランカーがいい仕事をしてくれたし、他のロックたちと切磋琢磨できたおかげで、僕もここまで頑張れた」と仲間に感謝。さらに「今日、ラインアウトがうまくいったのはスティーブ(・ボーズウィックFWコーチ)のおかげ。彼はラインアウト博士でラインアウトを極めている。極めすぎて、博士号を2つ持っているんじゃないかと思うくらいだよ」と、エディー・ジョーンズヘッドコーチ(HC)の右腕とも言われる、元日本代表FWコーチを称えた。

 イングランドは試合前からプレッシャーをかけた。オールブラックス恒例の「ハカ」に対し、それを取り囲むような「V字」陣形で応酬。誰のアイディアだったのか聞かれたイトジェは「誰だか分からないんだ、実は」としながらも、「確かなのはボスの承認が必要だということ。ボスの承認は受けていたはず」と笑いながらジョーンズHCの“お墨付き”だったと明かした。

 決勝では、27日のウェールズ?南アフリカの勝者と対決する。「誰が相手でも変わらない。毎日今までと変わらず準備をしていきたい」と、4大会ぶりの優勝に向けて平常心で向かう。

(THE ANSWER編集部・佐藤 直子 / Naoko Sato)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集