[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

イングランドが王者NZに前半10-0リード 「ハカ」に接近の奇襲→開始1分36秒先制トライ

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は26日、横浜国際総合競技場で準決勝・第1試合を行い、世界ランク1位ニュージーランドと同2位イングランドが激突。前半は試合開始直後にノーホイッスルトライで先制したイングランドが主導権を握り、10-0で折り返した。

イングランドが先制トライを決める【写真:荒川祐史】
イングランドが先制トライを決める【写真:荒川祐史】

1分36秒でのトライ献上はニュージーランドW杯史上最速記録

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は26日、横浜国際総合競技場で準決勝・第1試合を行い、世界ランク1位ニュージーランドと同2位イングランドが激突。前半は試合開始直後にノーホイッスルトライで先制したイングランドが主導権を握り、10-0で折り返した。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 イングランドはキックオフ前から“奇襲”を仕掛けた。オールブラックスが恒例のハカの隊形を整えると、イングランド代表チームはこれを取り囲むような大きな「V字」陣形を取って応戦。スタジアムは大きなどよめきに包まれた。イングランドのキックオフで試合開始。ターンオーバーに成功したイングランドは波状攻撃で敵陣に攻め込み、ゴールポスト下のラックからCTBツイランギが飛び込んでトライ。わずか1分36秒でのノーホイッスルトライで先制した。

 その後は互いに敵陣へ攻め込むが決定機は掴めず。24分に敵陣へ攻め込んだイングランドが、右サイドライン付近でのラックから左へ展開し、FLアンダーヒルがトライを決めたかに見えたが、TMOの結果、オブストラクションの反則が認められノートライとなった。イングランドは32分にもCTBファレルがハーフウェーライン付近からドロップゴールを狙ったが、わずかに外れた。しかし、前半終了間際にペナルティーゴールに成功し、10-0で前半を折り返した。

 ニュージーランドにとって1分36秒でのトライ献上はW杯史上最速。ハーフタイムで立て直し、後半から逆襲を仕掛けたい。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集