[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“写真大炎上”主審の準決除外は正解か 元選手から異議続々「これは完全に見当違い」

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で主審の試合後の振る舞いが物議を醸している。20日に行われた準々決勝ウェールズ戦でフランスのバハマヒナが相手選手に“顔面肘打ち”を食らわせ、一発退場に。ジャッジを下した南アフリカ人主審が試合後にウェールズファンと一緒に“肘打ちポーズ”をする写真が流出し炎上している。準決勝の担当の対象外となったが、元オーストラリア代表はこの処分に出た主催者側を「オーバーリアクション」「愚かだ」と厳しく批判している。

フランスのバハマヒナ(右)にレッドカードを出すジャコ・ヘイパー主審【写真:Getty Images】
フランスのバハマヒナ(右)にレッドカードを出すジャコ・ヘイパー主審【写真:Getty Images】

元ワラビーズ選手がペイパー主審をかばう理由は

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で主審の試合後の振る舞いが物議を醸している。20日に行われた準々決勝ウェールズ戦でフランスのバハマヒナが相手選手に“顔面肘打ち”を食らわせ、一発退場に。ジャッジを下した南アフリカ人主審が試合後にウェールズファンと一緒に“肘打ちポーズ”をする写真が流出し炎上している。準決勝の担当の対象外となったが、元オーストラリア代表はこの処分に出た主催者側を「オーバーリアクション」「愚かだ」と厳しく批判している。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 1枚の写真がラグビー界で波紋を広げている。仏放送局「Le Figaro」のアルノー・コーディ記者が自身のツイッターで公開したのは、赤のウェールズジャージをまとった一団。ビール片手に上機嫌の面々の中、黒のポロシャツを着た男性が右肘を上げ、隣のウェールズファンの顎にエルボーを入れるようなポーズ。満面の笑みを浮かべていたのは、試合を裁いた南アフリカ人のジャコ・ペイパー主審だった。

 後半9分にフランスのバハマヒナがウェールズ選手の顔面に食らわせた肘打ちを揶揄したようなポーズが流出後、炎上騒動となっているペイパー主審を、主催者のワールド・ラグビーは準決勝の担当から外すことを発表した。

 一枚の写真がきっかけとなり、大炎上した南アフリカ人主審。だが、4強戦の担当から外した主催者側に対しても批判が飛び出した

「揚げ足を取るポリスが勝利したことで、元ワラビーズが世界ラグビーを愚か者と糾弾」と特集したのは米放送局FOXスポーツ・オーストラリア版だった。

 記事によると、元オーストラリア代表のスティーブン・ホイルズ氏は「ジャコ・ペイパーを主審として好きかどうかではなく、これは完全に見当違いだ」と主催者側の決定に批判的だという。

「彼はワールドカップでいい仕事をしていたが、準決勝で担当から外れた。ワールドラグビーがどう反応したかといえば、試合後の行動が理由で、担当から外れたと言っている。ジャコ・ペイパーはあの写真を撮るために誰かにハラスメントをしたわけでもなければ、7、8人のウェールズファンを追い回していないことを、誰もが理解していない。彼らが撮影を依頼したのだろう」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集