[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“写真大炎上”主審は今大会除外に相当 英紙辛口「根幹は審判の“セレブ化”だ」

根幹は「審判のセレブ化」と指摘「意識せぬうちに主役やパフォーマーになった」

 それほど、審判という立場は選手と違い、日の目を浴びることなく、時に批判に晒されることもある仕事という認識だったようだ。その上で、記事では「ペイパーは準決勝から対象外となった。おそらく彼の大会は終わりを迎えた」と3位決定戦、決勝も担当から外れるだろうと分析している。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 さらに「W杯の残酷さは一度過ちを犯したら元に戻ることはできない、という考えにある。そして、これは選手と同様、オフィシャルたちにも当てはまる。ペイパーは今大会において、並外れた審判であろうと、だ。このレベルにおいては、1ストライクでアウトなのだ」と選手同様、審判もミスを犯せば、大会には戻れないと厳しい立場を取った。

 記事では「根幹にはオフィシャルたちの“セレブ化”がある」と指摘。「スポーツ界にわたって見られるが、間違いなくラグビー団体がどこよりも顕著だ。難解な規則や審判マイクの導入など、意識せぬうちに審判たちは個人ブランドのようになってしまった。試合の裁定者や管理人ではなく、主役やパフォーマーになったのだ」と審判を取り巻く環境の変化も一因にあるとした。

 26日から準決勝が始まるが、海外メディアでは今回の一件が未だくすぶっているようだ。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集