[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“写真大炎上”主審は今大会除外に相当 英紙辛口「根幹は審判の“セレブ化”だ」

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で20日に行われた準々決勝でウェールズがフランスを20-19で下し、4強入り。この試合でフランスのバハマヒナが相手に“顔面肘打ち”を食らわせ、一発退場に。宣告した主審が試合後にウェールズファンと一緒に“肘打ちポーズ”した写真を海外記者が公開。準決勝の担当の対象外となったが、英紙は「W杯の残酷さは一度過ちを犯したら元に戻ることはできない」と今大会から除外に相当すると言及している。

ジャコ・ペイパー【写真:Getty Images】
ジャコ・ペイパー【写真:Getty Images】

肘打ちポーズ騒動を特集「W杯は一度過ち犯せば戻れない」

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で20日に行われた準々決勝でウェールズがフランスを20-19で下し、4強入り。この試合でフランスのバハマヒナが相手に“顔面肘打ち”を食らわせ、一発退場に。宣告した主審が試合後にウェールズファンと一緒に“肘打ちポーズ”した写真を海外記者が公開。準決勝の担当の対象外となったが、英紙は「W杯の残酷さは一度過ちを犯したら元に戻ることはできない」と今大会から除外に相当すると言及している。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 1枚の写真がラグビー界で熱視線を浴びている。仏放送局「Le Figaro」のアルノー・コーディ記者が自身のツイッターで公開したのは、赤のウェールズジャージをまとった一団。その中心で一人、黒のポロシャツを着た男性が右肘を上げ、隣のウェールズファンの顎に当てるようなポーズ。表情は笑顔だったが、この人こそ試合を裁いた南アフリカ人のジャコ・ペイパー主審だった。

 後半9分にフランスのバハマヒナがウェールズ選手の顔面に食らわせた肘打ちを揶揄したようなポーズ。フランスファンの間で「この男は恥そのものだ」「この写真が彼をラグビーW杯から追い出してくれることを願うばかり」「恥ずべきパフォーマンス」などと波紋を呼び、結果的に26、27日に行われる準決勝2試合の候補から外れることになった。

 英紙インディペンデントは同主審の過去の発言を引用しながら、人柄をクローズアップ。数年前に母国のラジオ局のインタビューでもし友人を作りたいなら、国際審判は選ぶべきキャリアはではないと説明。「もしあなたが審判で、ヒーローになりたいなら、あなたは間違った場所にいる。それは仕事に含まれていない」と語ったという。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集