[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

稲垣と粋なやりとり 危険タックルの南ア選手が「日本は素晴らしいホスト国」と感謝

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は20日、日本が南アフリカに3-26で敗れ、4強進出はならず。男泣きしたPR稲垣啓太は試合後、ツイッターを更新。前半に危険タックルを受けたPRムタワリラとの2ショットを更新し、反響を呼んでいたが、ムタワリラは自身のSNSで反応し、稲垣とともに「日本は素晴らしいホスト国」と日本に感謝している。

ラグビー・日本代表の稲垣啓太【写真:荒川祐史】
ラグビー・日本代表の稲垣啓太【写真:荒川祐史】

ムタワリラがSNSで反応「イナガキに謝る機会設けられて嬉しかった」

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は20日、日本が南アフリカに3-26で敗れ、4強進出はならず。男泣きしたPR稲垣啓太は試合後、ツイッターを更新。前半に危険タックルを受けたPRムタワリラとの2ショットを更新し、反響を呼んでいたが、ムタワリラは自身のSNSで反応し、稲垣とともに「日本は素晴らしいホスト国」と日本に感謝している。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 ノーサイドの精神に感謝した。激闘を戦い抜いた白と赤のジャージをまとった稲垣。肩を組み、その隣に立っているのは、南アフリカのPRムタワリラだった。同じ背番号1同士。稲垣はいつも通り、無表情で笑顔はない。にっこりと笑みを見せるムタワリラと対照的だったが、がっちりと抱擁し、健闘を称え合うシーンも含め、披露した。

 稲垣は前半、ムタワリラに持ち上げられて頭から叩きつけられる危険なタックルを受けた。これにより、相手はシンビン(一時退場)に。しかし、試合が終われば、ノーサイドだ。稲垣は投稿で「故意でないのは分かっている。気にしなくていい、ありがとう」などとかばい、最後は「優勝してくれよな」とエールを送った。

 ムタワリラも投稿を引用した上で「君の度量に感謝する、友よ! 君たち全員が僕らに凄まじい試合をもたらした。最高の幸運を!」と感激の様子だったが、自身のインスタグラムでも改めて感謝。「ハードなプレーでぶつかったが、フェアに挑んだ。それでも試合後、私の対戦相手だったケイタ・イナガキに謝罪する機会を設けられて嬉しかった」と記した。

 その上で大会を盛り上げている開催地に向けても思いを記した。「日本は素晴らしいホスト国であり、彼らは自分たちのパフォーマンスと快挙を誇りに思えるはずだ」と敬意。「真のスポーツマンシップ」「なんて紳士なんだ!」「このビーストが英雄である所以だ」などと海外ファンからコメントが上がり、熱視線を集めていた。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集