[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

それぞれが抱く平尾誠二氏と「10.20」への思い 命日に歴史的決戦を迎える“必然”

2016年10月20日。この日、日本ラグビー界を語る上で欠かせない人物、平尾誠二氏が亡くなった。53歳の若さだった。神戸製鋼を1988年から日本選手権7連覇へ導いた立て役者。同志社大では史上初の大学選手権3連覇に貢献し、高校時代に伏見工で花園初優勝を飾ったストーリーは伝説のドラマ「スクール☆ウォーズ」のモデルにもなっている。

ラグビー日本代表【写真:石倉愛子】
ラグビー日本代表【写真:石倉愛子】

日本ラグビー界発展の功労者、平尾誠二氏が早逝して、はや3年…

 2016年10月20日。この日、日本ラグビー界を語る上で欠かせない人物、平尾誠二氏が亡くなった。53歳の若さだった。神戸製鋼を1988年から日本選手権7連覇へ導いた立て役者。同志社大では史上初の大学選手権3連覇に貢献し、高校時代に伏見工で花園初優勝を飾ったストーリーは伝説のドラマ「スクール☆ウォーズ」のモデルにもなっている。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 現役引退後は神戸製鋼総監督や日本代表監督を歴任し、日本ラグビー界の発展に貢献した。スタンドオフやセンターとして一流のパフォーマンスを披露しただけではなく、頭脳明晰、スマートかつ人情家としても知られた人物。かねてよりのラグビーファンはそれぞれに平尾氏の名シーンを思い浮かべるだろうし、現在の日本代表チームの面々も、直接あるいは間接的に交流を持ち、それぞれが平尾氏に対する思いを抱いている。

 日本が史上初のワールドカップ(W杯)ベスト8入りを果たした今大会。13日のスコットランド戦に勝利し、プール戦A組1位通過を決めた時、これは偶然ではなく必然だと思った人も多いだろう。平尾氏が招致に尽力したW杯日本大会で、日本代表が初めて経験する準々決勝という大舞台が、この日、平尾氏の命日に決まったからだ。

 この1週間、記者会見に出席した日本代表選手やコーチには、必ずと言っていいほど平尾氏に関する質問が飛んだ。その中でも特に印象的だったのが長谷川慎FWコーチとFB山中亮平の言葉だ。

 平尾氏と同じ京都出身の長谷川コーチは、東山高、中央大と進み、サントリーでプレーした。主にプロップとして活躍し、1995年に平尾氏のいる神戸製鋼の日本選手権8連覇を阻止した時もサントリーに所属した。1997年に日本代表に初選出されたが、この時の代表監督が平尾氏。そのため「平尾さんの話になると、ちょっと感傷的になってしまう、私を日本代表に選んでくれたのが平尾さんで、平尾さんと土田さんの関係を見ていて、僕も代表コーチになりたいと思いました」と話す。「土田さん」とは元サントリー監督で現日本ラグビー協会理事の土田雅人氏。平尾氏とは同志社大の同期で、日本代表監督時代はFWコーチとしてサポートした。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集