[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

白血病を乗り越えた豪州選手、終戦後の“愛息との抱擁”に海外感動「愛と敬意を彼に」

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は19日、準々決勝でイングランドがオーストラリアを40-16で下し、4強入りを決めた。前回準Vのオーストラリアは準々決勝で涙をのんだが、試合後に感動的なシーンがあった。白血病を乗り越えた選手が客席の息子と抱擁。実際の場面を大会が動画付きで公開し、「W杯で最も心を惹きつける写真の一つ」と海外ファンに感動を呼んでいる。

病を乗り越えW杯出場を果たしたリアリーファノ【写真:Getty Images】
病を乗り越えW杯出場を果たしたリアリーファノ【写真:Getty Images】

病を克服したSOリアリーファノ、試合後に客席の愛息と抱擁する感動シーン

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は19日、準々決勝でイングランドがオーストラリアを40-16で下し、4強入りを決めた。前回準Vのオーストラリアは準々決勝で涙をのんだが、試合後に感動的なシーンがあった。白血病を乗り越えた選手が客席の息子と抱擁。実際の場面を大会が動画付きで公開し、「W杯で最も心を惹きつける写真の一つ」と海外ファンに感動を呼んでいる。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 W杯の舞台で親子の特別な時間が訪れた。試合に敗れたピッチ上。客席に向かって走っていく一人の選手がいた。SOで先発したクリスチャン・リアリーファノだ。すると、最前列にいた一人の小さな男の子を抱きかかえる。最愛の息子だった。そして、数十秒の間、ぎゅっと抱擁し、何事か言葉をかけている。その裏には特別な理由があった。

 2017年に白血病を患い、闘病生活の末に復帰。代表ジャージをまとうまでになった。こうして挑んだW杯。優勝にこそ届かなかったが、息子に雄姿を見せ、息子と抱擁できる時間は何よりも格別だった。

 大会公式ツイッターは「トップレベルのラグビーをプレーするために困難を乗り越えたクリスチャン・リアリーファノが、大分でイングランドに対して喫したタフな敗戦の後、特別な瞬間を彼の息子と共有」と題して実際のシーンを動画付きで公開。目の当たりにした海外ファンも感激を抑えきれず、返信欄で続々とコメントが寄せられている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集