[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

なぜNZは動じないのか 「観客をコントロールできる」“王者の哲学”とは

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は19日、準々決勝を迎え、東京スタジアムでは世界ランク1位ニュージーランドが同4位アイルランドを46-14で撃破。3連覇へ4強入りを決めた。26日の準決勝(横浜国際総合競技場)ではイングランドと対戦する。まるでアウェーのような状況での試合にも関わらず、オールブラックスが見せた強さに王者の強さを見た。

アイルランドを圧倒したニュージーランド【写真:荒川 祐史】
アイルランドを圧倒したニュージーランド【写真:荒川 祐史】

スタンドはアイルランドファンが圧倒的多数も

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は19日、準々決勝を迎え、東京スタジアムでは世界ランク1位ニュージーランドが同4位アイルランドを46-14で撃破。3連覇へ4強入りを決めた。26日の準決勝(横浜国際総合競技場)ではイングランドと対戦する。まるでアウェーのような状況での試合にも関わらず、オールブラックスが見せた強さに王者の強さを見た。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 試合前の会場の盛り上がりは一種異様だった。国歌斉唱では、アイルランドのアンセム「Ireland’s Call(アイルランドの叫び)」を客席の半分ほどを埋めたファンが大合唱。ニュージーランドの恒例のウォークライは、限られた試合でしか行わない「カパ・オ・パンゴ」を披露したが、アイルランドファンも大きな歌声で、これに対抗。リード役の掛け声をかき消すような音量に会場はざわつき、騒然とした状態になった。

 ファンの数ではアイルランドがニュージーランドを圧倒していた。日本での開催だが、完全にアイルランドのホームのような雰囲気が出来上がっていた。

 アイルランドがボールを持てば歓声が上がり、ゴールに近づけば近づくほどその声は大きくなる。さぞ、ニュージーランドにはやりづらい環境かと思われたが……。スティーブ・ハンセン・ヘッドコーチ(HC)は一笑に付した。

「(アイルランドのファンは)世界中のどこにでも駆け付ける。キックオフの前にも歌を歌ってとても楽しんでいたね」と他人事のようだ。そして続けた。「とても大事なのは“ホーム”にすること。ニュージーランドのファンはアイルランドに比べると静かだから。ただ、正しい試合をすれば、観客をコントロールできる。ダブリン(アイルランドの首都)でやってもそう。それで解決する。選手たちもそれを実行できた」と事も無げに言ってのけた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集