[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

31人中11人がトップリーグ経験者 南ア選手が熟知する日本の特長

3度目のワールドカップ(W杯)優勝を狙う南アフリカは20日、東京スタジアムでの準々決勝で日本と対戦する。2015年の前回大会では32-34で破れる波乱が起きたが、今年9月6日のテストマッチでは41-7と大差で“リベンジ”。今大会屈指のタレント揃いと言われるスプリングボクスは、日本にどのような戦いを仕掛けてくるのか。

南アフリカ代表のモスタート【写真:Getty Images】
南アフリカ代表のモスタート【写真:Getty Images】

元リコーのモスタートは日本の8強入りに「予想していなかった」

 3度目のワールドカップ(W杯)優勝を狙う南アフリカは20日、東京スタジアムでの準々決勝で日本と対戦する。2015年の前回大会では32-34で破れる波乱が起きたが、今年9月6日のテストマッチでは41-7と大差で“リベンジ”。今大会屈指のタレント揃いと言われるスプリングボクスは、日本にどのような戦いを仕掛けてくるのか。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 試合に勝つには対戦相手を、よく知ることが大事だ。その点、南アフリカは抜かりない。今大会の登録メンバー31人のうち11人は日本のトップリーグでプレー経験を持ち、チームが用意するビデオ分析やスタッツ、データに深い洞察が加わる。選手自身が目で見、肌で感じた経験は、何物にも代えがたい。今大会では、日本の湿気の高さに悩まされるチームが多い中、南アフリカの選手たちは比較的対処できているのも、彼らの存在は大きいかもしれない。

 16日の記者会見に出席したLOモスタートは、2016年から2シーズンをリコーでプレー。日本でプレーしていた当時は、桜のジャージーを身にまとった選手たちが自国開催とはいえ、W杯でベスト8入りするとは「予想していなかった」という。だが、「私の実感としては、スーパーラグビーもトップリーグもあまり差はないように思う。スーパーラグビーの方がスピード感とフィジカルでやや上回るが、日本人はとてもハードワークだ」と振り返り、「ダブルタックルが上手なチーム」と日本代表を称えた。

 もう1人、日本ラグビーを知る人物がいる。それがFW担当のアシスタントコーチを務めるマット・プラウドフット氏だ。南アフリカに生まれながら、祖父の故郷であったり、ラグビー留学をしたり、スコットランドと縁の深いプラウドフット氏は、1998年からスコットランド代表チームでプレー。プロップとして過ごした現役生活を終えて指導者になると、2015年から1シーズン、神戸製鋼でFWコーチを務めた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集