[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

南アフリカの“小さな巨人”コルビ 小兵WTBの世界的躍進に「様々な貢献の仕方がある」

ラグビー日本代表と20日に準々決勝で対戦する南アフリカは16日、東京都内で記者会見を行い、俊足WTBチェスリン・コルビとSHハーシェル・ヤンチースが出席した。

記者会見に出席したチェスリン・コルビ(左)とハーシェル・ヤンチース【写真:佐藤直子】
記者会見に出席したチェスリン・コルビ(左)とハーシェル・ヤンチース【写真:佐藤直子】

準々決勝で激突する日本を称賛「エキサイティングなラグビーをする」

 ラグビー日本代表と20日に準々決勝で対戦する南アフリカは16日、東京都内で記者会見を行い、俊足WTBチェスリン・コルビとSHハーシェル・ヤンチースが出席した。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 身長170センチと小柄ながら、世界屈指のスピードでトライを決め続けるコルビ。日本が誇る松島幸太朗や福岡堅樹といったトライゲッターも小柄ながらも大活躍を続けていることを受け、海外メディアから「体の小さなウイングが世界的なトレンドになってきたと思うか」との質問が飛んだ。すると、コルビは「僕は迫力のあるダイナマイトな体はしていないけれど……」と笑いながら言葉を続けた。

「ラグビーは選手の持つ特性によって、チームに様々な貢献の仕方があると思う。どんな体格の選手でもベストを尽くしてチームのためにプレーしている。僕も同じで、南アフリカのためにベストを尽くしたいと思っています」

 2015年の前回大会で南アフリカは日本に敗れたが、今年9月のテストマッチでは大勝を記録。コルビは「前回大会と比べて、今回は世界的にラグビーのスタイルが変わって、より技術的な面にフォーカスされた試合が多いと思う。もちろん、前回大会で負けたことは承知しているが、今回は新たな挑戦。試合を楽しみにしているよ」と、20日の準々決勝を心待ちにした。

 日本の印象について聞かれたヤンチースが「日本は確かに展開の早いラグビーをする」と答えると、コルビは「日本は間違いなくエキサイティングなラグビーをする。パス回しがよく、ボールを外に展開するのは自分の好きなスタイルでもある」と返答。日本対策については、異口同音に「自分たちの計画通りのプレーをして、自分たちのペースで試合を進めていきたい」と話した。

 自国開催、かつ史上初のベスト8進出で勢いに乗る日本を相手に、世界屈指の強豪国がどんなプレーを展開するのか。運命の対戦は、20日午後7時15分、東京スタジアムでキックオフを迎える。

(THE ANSWER編集部・佐藤 直子 / Naoko Sato)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集