[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ワールドラグビー会長、日本は「本当に成功したチーム」 ティア1入りは明言せず

ラグビーの国際統轄団体ワールドラグビーとラグビーワールドカップ(W杯)2019組織委員会は15日、都内で記者会見を行い、13日で終えたプール戦について総括した。会見に出席したワールドラグビーのビル・ボーモント会長は、日本の将来的なティア1入りの可能性について明言は避けたが、今大会終了後は「テストマッチで引っ張りだこになるだろう」と“予言”した。

日本は悲願の8強入りを果たした【写真:石倉愛子】
日本は悲願の8強入りを果たした【写真:石倉愛子】

ボーモント会長「ティア1、ティア2の区分はパフォーマンスによるものではない」

 ラグビーの国際統轄団体ワールドラグビーとラグビーワールドカップ(W杯)2019組織委員会は15日、都内で記者会見を行い、13日で終えたプール戦について総括した。会見に出席したワールドラグビーのビル・ボーモント会長は、日本の将来的なティア1入りの可能性について明言は避けたが、今大会終了後は「テストマッチで引っ張りだこになるだろう」と“予言”した。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 日本はプール戦を4戦全勝とし、勝ち点19のA組1位でベスト8入り。史上初の決勝トーナメント進出という快挙を成し遂げた。しかも、9月28日は当時世界ランク2位だったアイルランドに19-12で勝利。プール最終戦の13日にはスコットランドを28-21で下し、最新の世界ランクでは史上最高の7位まで上昇した。

 日本での盛り上がりとチームとしての躍進について問われたボーモント会長は、「日本の結果を見ると、10年前から大きな成長を遂げた。4年前のイングランド大会では3勝しながら果たせなかった決勝トーナメント進出を、今大会では成し遂げた」と高く評価。さらに、ラグビー独自の「ティア1」「ティア2」という格付けについて「ティア1、ティア2の区分はパフォーマンスによるものではなく、歴史的な背景によるもの」と話し、「日本は今、世界ランクで7位じゃないか」と、その実力を認めた。

 日本の将来的なティア1入りの可能性についても質問されたが明言せず。だが、「どこのチームも日本とテストマッチを戦いたがるだろう。観客がたくさん集まるし、影響力が大きい。本当に成功したチームだ。ペースや意志決定を重視した、信じられないほど魅力的なラグビーをする」と話し、今大会終了後は「テストマッチで引っ張りだこになるだろう」とした。

 現在、ティア1に名を連ねるのは、ラグビーチャンピオンシップに参加する南半球4か国と、シックス・ネーションズに参加する欧州6か国の合計10か国。ニュージーランド、イングランド、オーストラリア、アイルランド、南アフリカ、ウェールズ、スコットランド、フランス、アルゼンチン、イタリアだ。アルゼンチンは元々ティア2だったが、W杯2007年大会で3位、同2011年大会でベスト8入りしたことが考慮され、2012年からラグビーチャンピオンシップに参加、ティア1入りを果たした。

 日本はこれまで、2016年から主に代表選手で編成されるサンウルブズが、南半球の強豪チームが戦うスーパーラグビーに参加し、継続的な強化を続けてきた。だが、今年3月には2021年以降に除外されることが決まったばかりだった。今大会終了後に、日本がどんな強化策をとっていくのかは、世界的な注目を集める案件になりそうだ。

(THE ANSWER編集部・佐藤 直子 / Naoko Sato)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集