[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本は「後半に疲れが…」 激突の南アメディアが“弱点”指摘「監督はメモしている」

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は13日、A組最終戦で日本がスコットランドに28-21で勝利し、史上初の決勝トーナメント進出を決めた。20日の準々決勝で、15年イングランド大会で「ブライトンの奇跡」と呼ばれる大金星を挙げた強豪・南アフリカと東京スタジアムで激突する。南アフリカメディアは「またしても有能なライバルであることは証明した」と称賛する一方で「南アフリカHCはメモしている」という“日本の弱点”の存在を指摘している。

4年前の雪辱に燃える南アフリカは20日、準々決勝で日本と激突する【写真:荒川祐史】
4年前の雪辱に燃える南アフリカは20日、準々決勝で日本と激突する【写真:荒川祐史】

南アフリカ紙がスコットランド戦を分析「後半にホスト国は疲れ始めた」

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は13日、A組最終戦で日本がスコットランドに28-21で勝利し、史上初の決勝トーナメント進出を決めた。20日の準々決勝で、15年イングランド大会で「ブライトンの奇跡」と呼ばれる大金星を挙げた強豪・南アフリカと東京スタジアムで激突する。南アフリカメディアは「またしても有能なライバルであることは証明した」と称賛する一方で「南アフリカHCはメモしている」という“日本の弱点”の存在を指摘している。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 A組首位で勝ち上がってきた日本に対し、南アフリカメディアも注目している。地元紙「Sowetan」でも「ホスト国日本がラグビーW杯準々決勝でスプリングボクス(南アフリカ代表の愛称)と対戦する」と特集。強豪スコットランドを撃破した戦いぶりについて「日本は戦いを厭わず、とても有能なライバルであることをまたしても証明した」と称賛した。

「スコットランドは時速100マイル(約161キロ)で襲いかかるチームに薙ぎ払われた。最後の15分間は勝敗の領域まで巻き返したことは評価に値する。このような瞬間はエラスマスとコーチ陣がここ数日間で研究する部分だろう」と記し、日本が終盤劣勢になったシーンに同国のラッシー・エラスマスHCがスカウティングを進めると予想。一方で日本の強さについても称えた。

「序盤の日本のパスゲームは完全に魅了されるものだった。高速でボールを運び、攻撃のポイントで賢さと器用さで強烈なコンタクトの前にオフロードパスを決めていた」と連動性を評価。「彼らは攻撃に勢いとエネルギーを与えるためにラインへの直感的なサポートに走る。時にスコットランドは彼らの影を追いかけているようだった」と日本のサポート力にも注目した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集