[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本大会成功の象徴? 流行語大賞に「ノーサイド」待望論「色々な場面で使いやすい」

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は13日、A組最終戦の日本対スコットランドが行われ、日本が28-21で勝利し、史上初の決勝トーナメント進出を決めた。これで全組が1次リーグを終え、準々決勝8か国が決定。9月20日の開幕から1か月近く経過したが、各国の奮闘もあり、4連勝した日本とともに盛り上がりを見せている。日本の快進撃が社会現象になりつつある中、ネット上では今大会から流行語大賞に「ノーサイド」を推す声が上がっている。

4年前に一世を風靡した「五郎丸ポーズ」に続く流行語は生まれるのか【写真:Getty Images】
4年前に一世を風靡した「五郎丸ポーズ」に続く流行語は生まれるのか【写真:Getty Images】

1次リーグ終了で振り返る、「五郎丸ポーズ」に続くラグビー界の流行語は?

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は13日、A組最終戦の日本対スコットランドが行われ、日本が28-21で勝利し、史上初の決勝トーナメント進出を決めた。これで全組が1次リーグを終え、準々決勝8か国が決定。9月20日の開幕から1か月近く経過したが、各国の奮闘もあり、4連勝した日本とともに盛り上がりを見せている。日本の快進撃が社会現象になりつつある中、ネット上では今大会から流行語大賞に「ノーサイド」を推す声が上がっている。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 今大会は開幕からラガーマンたちが激闘を繰り広げているが、注目されたのは試合後の光景だった。激しく、荒々しくぶつかり合った試合。その直後に選手たちが、花道を作るなど健闘を称え合う。激闘が嘘のようなシーンが広がり、初めてラグビーを見る人は驚いたことだろう。

「ノーサイド」は試合終了を指し、ラグビーに根付く「ノーサイドの精神」は試合が終わった瞬間に敵味方の区別がなくなることを意味する。紳士のスポーツとされるラグビー。日本の主将リーチ・マイケルはロシア戦後に相手ロッカーを訪れ、日本刀を贈呈した。相手への敬意を忘れない。感動の輪が広がり、反響を呼んだ。ネット上では、今年の流行語大賞に「ノーサイド」を推す声が上がっている。

「ノーサイドで決まりやな」
「現時点で決定しちゃっていい」
「今年の流行語大賞、『ノーサイド』が来ると、なんかウレシイ」
「今年まじでノーサイドとか流行語大賞なりそう」
「ノーサイドでしょ! ノーサイドって精神まじてカッコいい!!」
「今年の流行語大賞決定。ノーサイド」
「色々な場面で使い易い」
「絶対『ノーサイド』でしょう」
「素晴らしい意味と共にノミネートされないかな?」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集